肝胆ブログ

かんたんにかんたんします。

信長の野望・大志PK「六角義賢&筒井順慶の顔グラが好き、というかマイナー武将の描き方記事が好き」

大志PKではややマイナーな大名方の顔グラが刷新されているようです。 リンク先の記事で新顔グラと、マイナー武将の顔グラにこめた思いとが紹介されていて、とても惹かれる内容だったのでかんたんしました。 www.4gamer.net 詳しくはリンク先の記事と画像をご…

「田舎教師 感想」田山花袋さん(岩波文庫)

前から気になっていた明治時代の小説「田舎教師」を読んでみたら、これが青年期の煩悶をすさまじくクリアに描いた傑作でかんたんしました。 高校の国語の教科書に載せたらいいのにと思うくらい。 私の中では夏目漱石さんの「こころ」に匹敵します。 www.iwan…

「ドリフターズ6巻感想 織田信長さんの煽りスキルが半端ない」平野耕太先生(ヤングキングアワーズ)

ドリフターズの6巻がいよいよ大規模会戦で各キャラクターの魅力が思う存分描かれていてかんたんしました。 ヘルシングの終盤といい、平野耕太作品のキャラクターが入り乱れて争う様は本当にいいものですね。 www.shonengahosha.co.jp (表紙は安倍晴明さんで…

大相撲'18九州場所感想「個人的には隆の勝関を今後推したい」

大相撲が九州場所を終えました。 貴景勝関の優勝、高安関の無念、松鳳山関・琴奨菊関のご当地盛上げ等、かんたんする内容の多い場所となって何よりです。 www.sumo.or.jp 幕内の勝ち越し勢は次のとおりです。 13勝 貴景勝(優勝、殊勲賞、敢闘賞) 12勝 高安…

「FF2(PSP版)初攻略の感想 ワイルドローズがワイルド過ぎる」スクウェア・エニックス

DFFのフリオニールさんが格好よかったのでPSP版ファイナルファンタジー2をプレイしてみたところ、思いの外な大ボリュームで相当なプレイ時間を費やしてしまいました。 ファミコン版にはなかったオマケ要素がふんだんに追加されていて、中でも「ソウル・オブ…

「鬼桃太郎 感想」尾崎紅葉さん(青空文庫)

明治時代に尾崎紅葉さんが執筆した怪作「鬼桃太郎」が青空文庫に収録されていてかんたんしました。 一度読んでみたかったんですよね。 ↓青空文庫リンク 尾崎紅葉 鬼桃太郎 子ども向け……という建前になっていますので、10分足らずで読めるボリュームです。 「…

朗読劇「雪間の草 感想」イストワール histoire 第9話 & 堺市「さかい利晶の社」

わりと最近堺市にできた施設「さかい利晶の社」で千利休さんを題材にした朗読劇を鑑賞したところ、たいへん情念深い作品で心揺らされかんたんしました。 www.osakagas.co.jp www.sakai-rishonomori.com 大阪ガスさんは、社会貢献活動として関西の歴史を題材…

肝胆ブログについて②

当ブログの記事がこれで400件に到達しました。 17年2月にブログを初めて21カ月。 その間、ブログに書いたことだけでも400件もかんたんするようなポジティブなことがあったのだと思うとなかなか感慨深いものがあります。 自己暗示に近いかもしれませんが、自…

信長の野望201X「伊達家③&最上家ストーリー攻略 羽前」

201Xを羽前まで進めたところ、遂に最上義光さんが登場してしっかり活躍いただいて満足度が高かったのですがそれ以上に「渡し」さんたちの悲哀っぷりにかんたんしてしまいました。 ↓羽前アップデートのリリース お知らせ 羽前のマップ。 こないだ最上義光歴史…

「アナバシス 敵中横断6000キロ」クセノポンさん / 訳:松平千秋さん(岩波文庫)

以前読んだ「ヘンリ・ライクロフトの私記」(ギッシングさん)で絶賛されていた「アナバシス」を読んでみたら、確かにめちゃくちゃエキサイティングな戦記&紀行ものでかんたんしました。 アナバシス - 岩波書店 「ヘンリ・ライクロフトの私記」ギッシングさ…

「アクタージュ4巻感想 巌裕次郎の背中が大きい」原作:マツキタツヤ先生 / 漫画:宇佐崎しろ先生(ジャンプ)

アクタージュ4巻、舞台「銀河鉄道の夜」編が本格的に始まったら、更に面白さが加速していてかんたんしました。 www.shonenjump.com 以下、ネタバレを含みます。 表紙は明神阿良也さん。 目のクマ系男子が刺さる人には特にヤバいですね。 天球メンバーとの絡…

京都 永楽屋の「柚子こごり(柚子こゞり)」

四条河原町にある永楽屋さんの「柚子こごり」を初めていただいのですが、これがもうめっぽう美味しくてかんたんしました。 shop.eirakuya.co.jp (画像はオフィシャルHPより引用) 柚子と砂糖と寒天でできた美しいお菓子です。 琥珀といわれるジャンルの和菓…

埼玉県比企郡嵐山町「杉山城(続日本百名城)」

有名な杉山城に行ってみたところ、噂通り、小規模な山城ながら巧み極まりない築城の工夫がたくさんなされていてかんたんしました。 こんな城を攻めたくはないものです。 国指定史跡・杉山城跡公式HP 菅谷館の続きです。 埼玉県比企郡嵐山町「菅谷館(続日本…

信長の野望201X「201X学園 ハッピーハロウィン ~吸血鬼の宴~」

201Xの学園イベント、武田上杉学園が来るかと思っていたら、まさかの陶晴賢さん登場にかんたんしました。 しかも新たなハロウィンガチャには二階堂盛義さんまでいらっしゃって……。 ↓ハロウィンイベントのリリース お知らせ 以下、ネタバレを含みますのでご留…

埼玉県比企郡嵐山町「菅谷館(続日本百名城)と嵐山史跡の博物館」

畠山重忠さん所縁の菅谷館にようやく行けたのと、併設の嵐山史跡の博物館で手に入るガイドブック類がとても充実していたことにかんたんしました。 www.ranzan-shiseki.spec.ed.jp 前も畠山重忠さん目当てで埼玉県を訪れたことがあり、今回が2回目の訪問です…

「戦国の肥前と龍造寺隆信 感想」川副義敦さん(宮帯出版社)

龍造寺隆信さんの生涯をまとめた本が売っていてかんたんしました。 宮帯出版社/商品詳細 戦国の肥前と龍造寺隆信 川副義敦 著 龍造寺家の本ってレアで、意外とこれまで見かけなかったんですよね。 ちょっと前に鍋島直茂さんの本も売っているのを見つけました…

「河内国飯盛古城追想記 感想」阿牧次郎さん

三好一族を軸に戦国時代を俯瞰した内容の小説がamazonでダウンロードできるようになっていてかんたんしました。 ※Kindleアプリ(無料)をダウンロードする必要はあります 河内国飯盛古城追想記: 電子書籍版 作者: 阿牧次郎 発売日: 2018/10/16 メディア: Kin…

「三好義賢(実休)さんと足利義栄さん」信長の野望201X 薬師コレクション・弐

信長の野望201X、遂に三好義賢(実休)さんが星4で登場した上に、なんと足利義栄さんまで登場しはるというサプライズがあってかんたんしました。 ↓薬師コレクション・弐のリリース お知らせ ジュリアさんは一瞬内藤ジュリアさんかと思ってどんなけ畿内四国史…

「修羅外道 本家襲撃 感想」片岡修二監督(オールインエンタテイメント)

白竜さん主演のVシネマが、相当低予算っぽいのにカメラ・音楽・編集の巧みな演出により迫力とテンポのよい娯楽作品に仕上がっていて、職人さん方の腕前にかんたんしました。 白竜さんと竹内力さん(特別出演)の名前でVシネマ好きを手堅く掴み、 中山麻里さ…

「鉱物の人類史」サリーム・H・アリさん / 訳:村尾智さん(青土社)

「鉱物の人類史」という本を読んだのですが、内容は看板に偽りという感じであんまり史書的要素はなく、むしろ未来に向かって我々はどんなことを考えなければならないのだろうか的な内容になっていてうーむとは思ったのですが、それはそれでけっこう面白かっ…

「めしばな刑事タチバナ 31巻 感想 社会人百合に慄く」原作:坂戸佐兵衛さん / 作画:旅井とりさん(徳間書店)

タチバナ31巻を読んでいたら不意打ち百合を喰らってかんたんして「あ゛~、あ゛~~!」って画太郎漫画のババアみたいな変な声が出ました。 これが……「私のカムパネルラ」というやつか。 めしばな刑事タチバナ 31 | 徳間書店 以前も紹介しましたが、めしばな…

山梨県甲府市の「武田神社(躑躅ヶ崎館跡)」

山梨県の武田神社に行ってみたところ、ご当地での武田一族の愛されっぷりにかんたんしました。 甲斐 武田神社 シャインマスカットとワイン目当てで山梨県を訪れたのですが、少し前に上杉神社に行ったことを思い出して武田神社にも行ってみようと思い立った次…

「細川国慶さんが"町”に当てた最古の禁制を発給していたことがニュースに……」産経WESTより

細川国慶さん……細川高国・氏綱派の有力一門武将による京都統治がニュースになっていてかんたんしました。 「細川国慶さんが」「三好長慶さんより前に」みたいな文脈にニュースバリューがつく時代になったんですね。 www.sankei.com ニュースは、戦国時代の武…

大相撲'18年秋場所 感想「史上初の三賞該当者なしに驚き」

秋場所が無事に終わりました。 ばたばたしていて先場所・今場所と各取組をちゃんと見れていないのですが、先場所の御嶽海関の初優勝、今場所の白鵬関のV41&幕内1,000勝&横綱800勝、そして稀勢の里関の復帰といろいろ良いニュースが多くて何よりですね。 そ…

「ポーツマスの旗 外相・小村寿太郎 感想」吉村昭さん(新潮文庫)

日露戦争の講和交渉をテーマにした小説「ポーツマスの旗」が緻密かつ実際的な描写を次々と味わうことができてかんたんしました。 www.shinchosha.co.jp 著者は私が好きな吉村昭さんです。 入念な取材を基に執筆されているので何もかもが史実のように思えてし…

「犬を飼う そして…猫を飼う」谷口ジロー先生(小学館)

谷口ジロー先生の名作「犬を飼う」および短編集の再編集版が発売されていてかんたんしました。 目に涙を溜めながら読ませていただきました。 www.shogakukan.co.jp 土山しげる先生の遺作「流浪のグルメ」を買う流れで、谷口ジロー先生の作品も手に取りたくな…

「流浪のグルメ 東北めし 3巻」土山しげる先生遺作(双葉社)

単行本化を諦めていた「流浪のグルメ」最終巻が発売されていてかんたんしました。 土山しげる先生の冥福を心よりお祈りいたします。 ↓双葉社サイト http://www.futabasha.co.jp/booksdb/smp/book/bookview/978-4-575-31375-8/smp.html?c=20998&o=date&type=t…

映画「ロトセックス」廣田幹夫監督

ロトセックスという口にするだけでIQが下がりそうなタイトルのアダルト映画がB級感全開でありながら無駄にほっこりできてしまってかんたんしました。 貴重な休日に自分は何を観ているんだろうとも思いつつ。 ロトセックス - Google 検索 70分弱の短い作品に…

「夜の工場百景 ~ドローン空撮写真集~」小林哲朗さん(一迅社)

さいきん発売された工場夜景をドローンで撮影した写真集が興奮するほどダイナミック綺麗でかんたんしました。 www.kobateck.com 小林哲朗さんのお名前、色んな媒体で目にするようになってきましたね。 氏のHPでは写真作品を多数拝見することもできますよ。 …

「北条氏康の妻 瑞渓院 政略結婚からみる戦国大名」黒田基樹さん(平凡社)

北条氏康さんの妻「瑞渓院」さんを切り口に今川家・北条家の興亡を追った書籍が興味深くてかんたんしました。 www.heibonsha.co.jp さいきんの中世本は「家格」「身分秩序」といった当時の価値観をあらためて評価する本が多いような気がいたしますが、この本…