読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肝胆ブログ

かんたんにかんたんします。

「2017大相撲春場所 番付表」

 

いただいた春場所の番付表にかんたんしました。

 

f:id:trillion-3934p:20170304123425j:plain

 

www.sumo.or.jp

 


横綱稀勢の里
横綱時代。

白鵬日馬富士鶴竜も好きな私にとっては、夢のような時代です。
それぞれ怪我を抱えていますが、この贅沢な布陣は失うに惜しい。
それぞれ発奮して、土俵を一層盛り上げてほしいと思います。


関脇琴奨菊
関脇琴奨菊……。

日本人No.2を長らく続けてきたこの力士、去年は気の毒にバッシングを浴びました。
優勝して調子に乗ってたとか、嫁さんが前に出すぎとか。

いいじゃないですか。
人前で嫁さんを自慢できる男とかむしろ立派じゃないですか。

彼が優勝したから他の力士も続いたのに。
白鵬の時代にヒビを入れたのは間違いなく琴奨菊なのに。
去年一年を通じて相撲が盛り上がったのは琴奨菊あってのことです。

前頭の時代から彼を応援している私としては、
そりゃ難しいとは分かっていますが、大関復帰を信じて祈りたいと思います。

チャーミングな力士は多いですけど、
琴奨菊はその中でも一際チャーミングですよ。

白鵬は「凄い!」、
日馬富士は「熱い!」、
鶴竜は「上手い!」
稀勢の里は「強い!」、
そして琴奨菊は「大きい!」のだと思います。

琴奨菊がいなくなってから、初めてその存在の大きさ、
大らかな人柄、大らかな表情、大らかな強さの魅力に気づいて、
「なぜ我々は琴奨菊に辛く当たってしまったんだ……」と
後悔する人は絶対多いと思います。

あの気持ちが入っている時の当たりの威力、ガブりの強大さ。
日頃多少成績が落ち込んでいようが、
会心の立ち会い(主に稀勢の里戦で)一発で盛りあげてしまう立ち位置のずるさ。
思い出してください。

いなくなったらさびしいでしょ?

さあ応援しましょう。


ご当地の豪栄道、勢、宇良、大翔丸の活躍も楽しみですが、
琴奨菊が気になって集中して応援できなさそうです。

千代の国と石浦は顔もスピードも格好いいので更に番付を上げてほしいです。

ああ、観に行きたい。
でも稀勢の里効果で混みまくってそうだし、当日券も厳しいだろうなあ。


春場所、旧大阪府立体育館
昔、体育館の向かいにおいしいカツ丼屋さんがあったんですよね。
力士の方もよく来店していました。

もうずいぶん前に閉店してしまいましたが、
あそこのカツが2枚乗ったカツ丼はいまだに忘れられません。


お気に入りの食べ物も力士も、
いつかはいなくなってしまいます。
体育館の前を通るたびに無常感を抱いてしまいます。

いまの大相撲は本当に土俵が充実していると思います。
このよき時代が少しでも長く続きますように。

若手力士にとっては逆にきっつい時代だと思いますが、
いまの上位力士陣を超える逸材がたくさん出てきますように。