読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肝胆ブログ

かんたんにかんたんします。

「'17大相撲夏場所番付表、相撲界の毛利三兄弟」

 

’17夏場所の番付表にかんたんいたしました。

 

番付表 - 日本相撲協会公式サイト

 

先場所からのことですが、やっぱりまだまだ4横綱という豪華な番付表に
目が慣れませんね。

稀勢の里による80年ぶり「初優勝から3連覇」(前回達成者は双葉山)に
期待が集まっておりますが、怪我の具合が未知数ですし何とも言えません。

個人的にはV40という新たな目標を見つけた白鵬の逆襲に期待したいと思います。



横綱陣に注目が集まりがちですが、関脇陣も3人と珍しいことになっています。

春場所時の序列と成績は

 玉鷲  8勝7敗
 高安  12勝3敗
 琴奨菊 9勝6敗

という結果だったのですが、今場所もこの序列通りの番付となりました。

12勝して大関取りがかかる高安を東に持ってくるという噂もありましたけど、
玉鷲も勝ち越している以上、飛び越すことは不自然だという判断なのでしょう。

それにしても関脇陣が3人いて3人とも勝ち越しているというのはすごいことです。



前頭では、イケメン千代の国が筆頭まで上がってきました。
大変嬉しいです。
ぜひ臆せずに上位陣を引っ掻き回してほしい。



今場所は幕内の下位陣にも注目です。


十両から返り咲いた、未完の大器千代大龍
近代アスリートの真逆の道を進んでいるようなこの古き良き「お相撲さん」、
ぜひ大暴れして三賞をひょっこり獲ったりしてほしいです。


前頭十五枚目で踏み止まっている妙義龍と魁星。
信じられますか、あの妙義龍と魁星が崖っぷちなんですよ。
3関脇が盛り上がっている横で、この元関脇たちがどれだけ気を吐くか。
絶対今場所は気合が入っていると思います。

 

 

ところで、今日は次のニュースが気になって番付表に集中できませんでした。

しこ名で毛利元就“三本の矢”そろう 若隆元、若元春、若隆景が3兄弟関取目指す (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース


荒汐部屋の「若隆元」「若元春」「若隆景」、
名付けて相撲界の毛利三兄弟。
(「若元清」はいません)


少し前に、貴乃花部屋「貴景勝」も話題になりました。
201Xで異聞御館の乱が絶賛開催中のあの上杉景勝由来です。

相撲界、戦国時代がブームなんでしょうか。


ちなみに若~の毛利三兄弟、本当に実の兄弟ということですが、
中国地方出身ではなく福島県福島市出身との事です。

福島市なら毛利家より伊達家の方がしっくりきますけど、
兄弟仲を思えば避けた方がいいのかもしれませんね。

毛利家にしても「若隆元」さんの健康が心配になっちゃいますが。
「若元春」さんの嫁取りが心配に(略)。
「若隆景」さんの養子が(略)。


そう言えば荒汐部屋にはモルとムギという猫がいて人気です。

『荒汐部屋のモルとムギ』出版記念 猫と力士のあかるい写真展 - ほぼ日刊イトイ新聞

あざといかわいさで国人衆を懐柔するさま、まさに謀神の手練手管。
これからの荒汐部屋の発展に期待ですね。

 

 

最後に。

佐田の山、市川晋松さんがお亡くなりになったそうです。

色々とエピソードはありますが、何よりもあの「大鵬」全盛期に喰らいついて
横綱に昇進された方なんですよね。
ある種、現代の稀勢の里に通じるものがあるような……。

ご冥福をお祈りいたします。

 


明るいニュースも残念なニュースもありますが、
これからも大相撲が盛り上がっていきますように。