肝胆ブログ

かんたんにかんたんします。

「VRのAV」鑑賞会に参加してみた感想

 

VR(バーチャルリアリティ)のAV(アダルトビデオ)を鑑賞する会に参加してみたところ、正直「微妙だな」と思いつつ技術の進歩っぷりや今後の可能性にはかんたんいたしました。

 

f:id:trillion-3934p:20170915224834p:plain

 

 

 

以下、直接的な表現は書きませんがいかがわしい内容を含みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


仲間内で「ビットコインの次に流行るのは何かなあ」と雑談していたところ、誰かが「VRのAVでしょう」と言ったので皆でVRのAVを鑑賞することになりました。

こういう時、思い立ったが吉日的に体験してみるのはいいですね。
経費で機材を揃えられる立場というのも素晴らしい。

 

 

私はまっとうなVRもいかがわしいVRも初めてで、他の参加者も未経験者が中心でした。


VRを体験するにはヘッドセット(バーチャルボーイのようなスターライトスコープのようなもの)を頭にはめる必要があります。

つけてみたところ、けっこう重たかったです。
シニアや女性にとってはまだまだ改善が必要な気がいたします。


段取りをしてくれた人がイケていて、男性用と女性用で一台ずつヘッドセットを用意してくれていましたし、化粧がつかないようにアイマスクみたいなやつも買ってくれていました。
そっか、ファンデーションとかが付いてしまうのか。

その時初めて、眼鏡をかけていたらヘッドセットをかぶれないことにも気づきました。
日ごろ眼鏡で暮らしている人は、VRを経験する時はコンタクトを用意いたしましょう。

 

 

まずは男性向けのAVを観てみることに。

あんまりAV詳しくないのですが、普通のAVが凄まじいラインナップの数で新作も続々つくられているらしいのに比べれば、VR対応のAVはまだまだ数が少ないそうです。
もちろん、女性向けのAVは更に数が少ないです。

 


まずはソフトを選ぶのですが……。


……?


なんか、ジャンルが偏っている気がします。

この理由は、何本かざっと観てみて合点がいきました。

 

 

ソフトを再生してみます。


おお、すごい。
首を振ったら上下も左右も見わたすことができます。

正面には3Dのきれいな女優さんがいます。
上には天井があります。
下にはおっさんの素足があります。
右には壁や書類棚が。ここはオフィスのようです。
左には……誰かいる! 同僚的な人が仕事しています。


どうやら同僚的な人にばれないように女優さんといかがわしいことをする設定のようです。
なるほど、左右に広い視界を活かすため、誰か脇役を登場させた方がいいという発想なんでしょう。

 

 

適当に早送りしてもらいながら流れを観てみました。

 


まず、「すごいな」と思ったところ。

画像が3Dで立体感があり、更にはヘッドフォンから立体音響が入ってきますので、自分の顔面付近の臨場感がすごくありますね。
女優の顔や胸は普通のテレビ画面とは全然違うリアリティがありました。
密着やおっぱいが好きな人はVRいいと思います。

今後の技術発展を予測するためにも、こうしたVR世界を体験してみるのはおすすめいたしますよ。

 


一方、「微妙だな」と思ったところ。

3D画像にしているせいか、画質は普通のテレビ画面に比べて粗いです。
動画ファイルも重たそう。

顔面近くと比べて、腰くらいまで距離が離れると3Dのありがたみは薄れます
引いた絵図が好きな人はVRの恩恵があまりないかもしれません。

 


何より「問題だ」と感じたのは……


自分の視点が着座、あるいは寝転んだ状態で固定されているというところです。

女性向けのものも含めて5-6本流れを観てみたのですが、視点は全部同じでした。
すなわち、「自分は相手にされるがまま」という構成しかないのですよ。


こうなってくると、シチュエーションだとか行為の流れもマンネリしてまいります。


オフィスなり病室なり旅館なりで、なんしか自分は寝転んでいる役、相手は何もかもやってくれる役です。


これはいけない!

これはいけませんよ!


こんなのマグロ製造機じゃないですか。

こんなのが普及してVRのAVで青少年が性を学ぶようになってしまったら。

男も女も「寝っ転がっていたら後は相手がなんとかしてくれるだろう」というマインドになっちゃって、ベッドの上にマグロ2丁ヘイお待ちですよ。
インタラクティブなコミュニケーションなんて成立しなくなっちゃいます。

 

 

他にも嗅覚と触覚が欲しいなとか、髪の毛がボサボサになるだとか、ヘッドセットを外さないとティッシュジョークグッズの在り処が分からないだとか、ミサイルが落ちても死ぬまで気づかないんじゃないかだとか、まあ色々とみんな意見を交わしておりましたけれど。

「視点固定はつまらん! すぐに飽きる!」という声が一番多かったですね。
デートのような屋外シーン・ドラマシーンも乏しくなりますし。


これは製作者の問題ではなく、技術上の問題でしょうけど……。
更なる発展の上、能動感のある仕様にならないと爆発的な普及には繋がらない気がいたします。

もちろん「VRが有する臨場感(特に顔まわり)」「女性目線という新しいAV体験」などは一見の価値がありまくりなのですが、現段階では「一家に一台」ほどの浸透は難しいでしょう。

 


また、「制作費用がかかりそう」という意見も多かったです。

VR対応AVを撮影できるレーベルは限られてるっぽい。

個人や弱小法人はこれからも従来媒体でのコンテンツ制作を続けるのでしょう。
動画がどれだけ増えてもピンク雑誌や薄い本はいまも現役ですし、仮にVR-AVが普及しても他のアダルト媒体が駆逐されることはなさそうですね。

 

 

あらためてまとめますと、実用性充分! ハマってしまう! とは現段階では言い難いものの、体験としてはすこぶる面白いし技術の進歩にびっくりできますよ! というところです。

好奇心さんには充分にご飯を与えてあげましょう。

 


引続き技術の改良が進んで、ますます楽しいコンテンツが生み出されていきますように。

VR活用テレビ電話で遠隔地のお客様と商談とかやってみたいですね。