肝胆ブログ

かんたんにかんたんします。

信長の野望201X「島津家ストーリー(日向・大隅・薩摩)の攻略」

 

信長の野望201X、島津家のストーリーが真っ向勝負の煮えるような激戦でかんたんいたしました。

 

↓島津家アップデート時のリリース

お知らせ

 

 

島津家ストーリーの攻略エリアは九州南部の日向・大隅・薩摩。

f:id:trillion-3934p:20171110224026p:plain

 

 

私はいまだに上記のパーティメンバーでやっていますが、特に問題なくクリアすることができました。

他の武将もある程度持っていますが、突破大師範や開眼はこのメインパーティにつぎ込んでいます。
微課金勢なのであまりたくさんの武将を育てられないのです。


特性も星3武将からの移植が中心なままです。


 ・長慶さんは別途紹介のとおり
 ・一存さんは無骨者・心眼3・奮励の努め(井伊直虎さんより)
 ・学園雪斎さんは無骨者・固有・鬼特効3
 ・寿桂尼さんは馬印1・固有・馬印2
 ・元信さんは威圧4・波乱万丈・馬印2
   +
 ・隠し玉の冷泉隆豊さんは心眼3・激怒2・憤怒の反攻
  (メインパーティがうっかり壊滅した時の保険アタッカー)

 

ゲームバランス的に、色んな武将を集めなくても基本ストーリーを進められるのはありがたいですね。

 

 

攻略面としては、日向・大隅は特に印象に残るような苦戦ポイントはないかと思います。

大友・龍造寺を突破してきたプレイヤーならば問題ないでしょう。

 

薩摩はかなり手強いです。

豊後に似た感じで、短いターンで高生命力の雑魚敵がわらわら。
たまに危死虫まで混じっていたりします。

豊後をSクリアできるなら薩摩もSクリアできるとは思いますが……。

 

↓薩摩の雑魚(雑魚じゃない)

f:id:trillion-3934p:20171110225416p:plain

 

かなりストレスフルなステージですけど、ストーリーが熱いのでかえってドーパミンが出て楽しい感じですね。

 

 

 

ネタバレしない程度に島津ストーリーのご紹介をしますと……。

 

舞台は島津義久さんが当主の時代という設定です。

有名な島津四兄弟が登場してくるわけであります。

 

 

登場順にちらっと活躍ぶりを。

 

 

二男の義弘さん。

f:id:trillion-3934p:20171110225933p:plain

 

 

四男の家久さん。

f:id:trillion-3934p:20171110230043p:plain

 

 

三男の歳久さん。

f:id:trillion-3934p:20171110230110p:plain

 

 

そして長男の義久さん。

f:id:trillion-3934p:20171110230201p:plain

 

 

兄弟の仲良しぶりが伝わってまいりますね!

 

 

島津家は足軽たちも大活躍ですよ。

f:id:trillion-3934p:20171110230306p:plain

 

 

騎馬だって勇猛果敢です。

f:id:trillion-3934p:20171110230338p:plain

 

 

いいですねえ。

経営理念や戦略が組織に浸透しきっています。

 

 

これにはまつりさんもいつも以上に活躍してしまいますね。

f:id:trillion-3934p:20171110230532p:plain

 

 

このまつりさんというキャラクター、まいどまいど素晴らしいです。

どんな大物武将とも幽魔の親玉格ともマイペースに対話ができる性格。
マニアックな歴史知識まで朗らかに追いかけている仕事熱心ぶり。
瞬時に適切な現代兵器・機器を使いこなせる判断力と操作習熟。
戦国武将キャラゲーの雰囲気をギリギリ壊さないバランス感。

いいキャラを創造しはったものですね。
まつりさんは201Xの宝だと思います。

 

 

日向・大隅は島津四兄弟の紹介的な段階で、メインディッシュは薩摩です。

薩摩はストーリー的にも激戦なのです。

こんなけガチ戦闘に特化したストーリーは初めてではないでしょうか。

純粋にバトルものとして見ごたえある内容になっておりますので、ぜひ薩摩までたくさんの方に辿り着いていただきたいと思います。

 

また、大友家・龍造寺家同様、島津家の過去の因縁が復活したりもします。

島津家ファンはそういった点でも楽しめることでしょう。

というか、この頃の島津家の歴史は「勝者側が残した記録」感が溢れていて、けっこう黒い魅力もありますよね。

 

 

そして……黒い魅力と言えば。

f:id:trillion-3934p:20171110232110p:plain

 

怖いのはアンタだよ秀吉さん!!

と突っ込んだプレイヤーも多いと思います。


シレッと秀吉→歳久関係でこんなセリフを入れてくるシナリオライターさん。

すごい……!

 

 

 

 


以上、難しいけれども熱くて盛り上がれる島津ストーリーでした。


九州の三勢力はそれぞれの魅力があってとても面白かったです。

 


少し態勢を整えたらいよいよ北条家に会いに行こうと思います。

今後の関東→東北ストーリーも楽しみですね。

長尾景春さん登場しないかな。
北信愛さんが星4だったらいいなあ。
伊達政宗さんより相馬家の連中の方が使い易かったら楽しいなあ。

いろいろ妄想が膨らんでまいります。


ラストステージが九戸政実の乱」とかだったら一部界隈では天を衝くような騒ぎになることでしょう。


ラストまで私の現行パーティメンバーが息切れせずに現役続行できますように。

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

ところで。

信長の野望 大志、松永久秀さんの志「乱世の梟雄」の詳細が発表されていますね。

信長の野望・大志 | 「大志」の世界

 

 

「房中術:家臣の寿命が延びる」

 

 

……!!

 

 

まさか久秀さん。


実は。


殿(と義興さんと一存さん)のために房中術を学んだんじゃ……。

 

 

そんなことを真っ先に想像してしまった私はだいぶ201Xに頭をやられているのかもしれません。

 


早く長慶さんの志「日本の副王」の効果も明らかになりますように。

超強い内容だったらいいなあ。
でも序盤のゲームバランス的にまたぬるま湯調整なんだろうなあ。