肝胆ブログ

かんたんにかんたんします。

祝!「中華一番!極 第1話」小川悦司先生(マガポケ)

 

大好きな料理漫画「中華一番!」の続編が始まっただけでも嬉しいのに第1話のクオリティがめっちゃ高くてかんたんいたしました。

 

pocket.shonenmagazine.com

 

 

ありがたいことです……!

 

一世を風靡した料理漫画「中華一番!」&「真・中華一番!」。

清朝末期の中国を舞台に、少年特級厨師リュウ・マオシンさんの活躍を描く作品ですよ。

ハッタリとケレン味に満ちた演出の数々、「ウマそうさ」の謎の説得力。

とりわけ真・中華一番になってからはシェルさん&レオンさんの女性人気も相まってアニメ化されるほどの人気になりましたね。

(「将太の寿司」を連載していた寺沢大介先生も当時は脅威を覚えていたくらい)

 

私も単行本全巻持っていました。

シェルさん派です。

ベストバウトはラコンさん戦です。

最食べたい料理はチョウユさんの酢豚です。

アメイジング料理はマジカルパンダマーボです。

 

 

 

このたび始まった「中華一番!極」第1話は。

 

中華一番!シリーズの魅力をしっかりと継承しつつ、「すしいち!」「浅草人」で魅せていただいた「情の深さ」までをも取り込んだ傑作でございました。

 

 

翡翠玉衡担々麺(エメラルドユイホンたんたんめん)」、めっちゃ美味しそうです。

 

「肌筋復活!!!!!!(マッスルリザレクション)」のサービス力も素晴らしいですね。

 

「人体北斗七星」の変態百足感もマニアには堪らないものがあります。

 

 

次回以降ではシェルさんやレオンさんも登場してくださるようですし、表紙を見るとメイリィさんが更にべっぴんになってはります。

フェイさんは相変わらずクール系のイケメン。

地味にジュチさんも表紙にいましたが健康は大丈夫でしょうか。

 

今回登場しはったゲストキャラのユイランさんもいいですね。

客たちに問い詰められた時の困り顔がとてもキュートでしたし、「行っちゃった…」もたいそうキュートです。

 

マオさんは相変わらず料理の構成要素を分析する能力が半端ない。

故人が遺した器の残り香から料理を再現していました。

第1話にしてジュチさんの立場が危ういです。

マオさんとシロウさん二人の話をテンポよく回すコンビ力もさすがであります。

 

第1話に四川系料理を持ってきたことで、「原点回帰」感もある構成でした。

中国大陸に味の架け橋をつくりに旅だったマオさんたちがこれからどんな物語を繰り広げていくのか、今後も目を離せないですね!

 

ぜひぜひマガポケの看板漫画として長期シリーズになりますように。

 

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

本日'17年11月17日はマンガ読みには最高の1日でございました。

 

こちらの「中華一番!極」がマガポケで開始したことだけでなく。

 

講談社からは金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿」単行本が発売。

カイジ系といい、最近の講談社漫画はスピンオフが元気です。

 

集英社からは「こううんりゅうすい」「透明人間の骨」単行本が発売。

こううんりゅうすいについては頭を整理して、明日記事にしようと思います。

透明人間の骨ははらはらしながら展開を見詰めています。

 

そして……週刊漫画ゴラクミナミの帝王」が神回でした。

ストーリーは1ミリも進んでいませんが、勢いがキレッキレで素晴らしい。

「何いいいッ村野校長が乳首ーーーーッ!?」

「ハゲとるやんけーーーーッ!!」


この浪速のデリヘル王シリーズも、完結したらまとめて記事にするつもりです。

が、このライブ感はぜひ立ち読みででもいいから味わってほしいですね。

みんな、ゴラクを読もう。

 

週刊漫画ゴラクは関東と関西で発売日が違うので、金曜までネタバレしないのが
 紳士淑女のお約束です。