肝胆ブログ

かんたんにかんたんします。

東京駅グランスタ「eashion(イーション)の山形育ちのハンバーグ御前」

 

移動時にグランスタeashionで買った「山形育ちのハンバーグ御前」が思わず「おっ」というくらいうまくてコスパに優れていてかんたんしました。

 

www.tokyoinfo.com

 

 

eashionはイベリコ豚の豚重(豚丼的な甘辛ダレのやつ)で有名なお店ですね。

豚重は以前食べたことがあって、もちろん大変おいしかったのですが。

 

今日はひき肉を食べたい気分だったのでハンバーグ御前を買ってみたのです。

値段は確か1,000円ちょいでした。

 

 

ハンバーグ弁当というと一般的には茶色いハンバーグに茶色いデミグラスソースやおろしポン酢がかかっているイメージがあって、そういうオーソドックスなハンバーグも私は大好物なのですけど……

 

こちらeashionのハンバーグはまっ茶っ茶ではなく、やや白っぽいビジュアル。

たぶんそんなことはないのでしょうがカロリー低めなんじゃないかと思い込めます。

 

ソースは別添になっていて、レモンドレッシング?といったテイストのもの。

こちらも実際そうではないのでしょうけどカロリー低めなんじゃないと思い込めます。

 

そういう普通のハンバーグに比べたら「白っぽい」「あっさりそうな」見栄えのハンバーグがご飯の上にドンと乗ってはるのです。

 

 

ほいで蓋を開けて食べようとすると、このハンバーグが思いのほか肉厚でして。

世の中受けしそうな美白・ドレッシング系ソースで人を釣っておいて、こちらさん中身はものすごく野獣系なんじゃないかという予感がするのですよ。

 

 

で食べてみたらですね。

これが超肉々粗挽きうまいのです。

 

肉厚の噛みごたえ。肉!

粗挽きの幸せ食感。肉!

こぼれ出でる肉汁。肉ゥ!

 

シンプルに元気が出てくる味です。

ハンバーグっておいしいな、と再認識させてくれます。

 

 

個人的な外食中食経験に照らし合わせれば、2,000円くらい取られても不思議ではない味・ボリュームだと思うんですよね。

 

それが1,000円ちょいでご飯とセットで食べられる。

(ただし野菜はほとんど入っていない)

 

これはコスパいいなあと。

安くはないけどコスパいいなあと感じました。

 

 

写真も撮っておらずに申し訳ない紹介記事ですが。

 

 

 

駅弁といえば幕ノ内系やお寿司系やとんかつ系やサンドイッチ系や様々なジャンルが激烈な競争をしているマーケットです。

その中で、東京駅で肉系を買いたいときはこれやな、と心に刻みました。

 

東京駅で駅弁を選ぶなら地下のグランスタはおすすめですよ。

前に取り上げたおこわ米八も出ていますし。

おこわ米八の「おこわいなり」 - 肝胆ブログ

 

 

これからも素敵な驚きのある駅弁に出会えますように。