肝胆ブログ

かんたんにかんたんします。

大阪府高槻市「霊松寺と三好義興墓(カンカン石)」&「芥川商店街 肉のマルヨシのコロッケ」

 

久しぶりに高槻に行ったので、霊松寺の三好義興さん墓に立ち寄ってみました。

多くの人は訪れておりませんでしたが静かな墓所で雰囲気がよくかんたんしましたし、帰り道に芥川商店街(サンロード芥川)で買い食いしたコロッケがやたら美味しくて、満足度の高い散歩でありました。

 

www.city.takatsuki.osaka.jp

  

 

霊松寺はJRの高槻駅から10分弱歩いたところにあります。

バスでも行けますが、歩いた方が早いくらいの距離感です。

 

 

参道。若干ひるむ傾斜です。

f:id:trillion-3934p:20190421110439j:plain

 

 

 

正親町天皇勅願寺であることを示す石碑。

f:id:trillion-3934p:20190421110528j:plain

 

践祚直後に勅願寺とされたようですので、やっぱり三好家への配慮なんですかね。

 

 

 

いいことを言ってはる掲示板。

f:id:trillion-3934p:20190421110640j:plain

 

お寺のこういうメッセージ掲示板、なんか好きです。

 

 

 

坂を登ったところ。

f:id:trillion-3934p:20190421110802j:plain

 

 

 

ご由緒。

f:id:trillion-3934p:20190421110838j:plain

 

黄金の胎内仏伝説とくれば、ギャラリーフェイクの名作「消えた黄金仏」を思い出さずにはいられませんね。

 

 

 

境内の様子。

f:id:trillion-3934p:20190421111405j:plain

f:id:trillion-3934p:20190421111427j:plain

 

昨年の台風のためか、全面的に修復工事中でございました。

それにもかかわらず清閑な雰囲気を保っておられるのは、お寺の方々の心がけがよほど素晴らしいのでしょう。

 

しっかし高槻もタワーマンション増えましたねーー。

梅田にも京都にも近くて便利ですもんね。

 

 

 

続いて三好義興さんのお墓。

境内から出て、道を挟んで北側(駅の反対側)の墓地にあります。

 

バス停「下天神」

f:id:trillion-3934p:20190421112021j:plain

 

の手前にある白い戸口

f:id:trillion-3934p:20190421112056j:plain

 

から入ると分かりやすいですよ。

 

 

 

お墓のご様子。

f:id:trillion-3934p:20190421112201j:plain

 

静かに眠れそうな環境で、とてもよいお墓だと思います。

墓石がカンカン石と呼ばれていて、叩くとカンカン鳴るそうですが、あまりカンカン感はないように感じました。

ていうか墓石をカンカン鳴るほど叩いてはいけないと思うんですが、昔の人は墓石を叩く習慣でもあったんでしょうか。8ビートで叩くと故人が喜ぶぞ、みたいなん。

 

 

お墓の近くには三好長慶さんの紹介看板もあります。

f:id:trillion-3934p:20190421113201j:plain

 

三好一族はマイナーなのでとりあえず長慶さんを紹介しているんでしょうけど、いずれは三好義興さんを紹介する看板もできてほしいものです。

若年で亡くなった割には、足利義輝さんとの金閣寺デートや御成、対六角畠山の合戦での活躍等、事績が豊富ですし、そんな彼が急逝してしもたらそらアカンわ皆ショックやわが伝わっていい(悲しい)看板になると思うんですよね。

 

 

 

 

帰りに、芥川商店街(サンロード芥川)にも立ち寄ってみました。

 

 

商店街を入ったところに「m's meat 肉のマルヨシ 芥川店」という肉屋さんがあるのですが、ピンと来て買い食いしたコロッケ(80円)がめっぽう美味しかったです。

飾り気はないけど確かな仕事を感じられる実力派、という感じで。

 

コロッケをかじりながらの商店街散歩って、楽しいんですよね……。

芥川商店街、和菓子屋さんの店頭で店員さんとお客さんが楽しそうに会話していたり、碁会所にお爺ちゃんたちがニギニギ集まっていたりして、親近感の湧く通りでした。

 

 

商店街の出口(駅の反対側)には芥川宿仇討ちのパネルがあったりも。

www.city.takatsuki.osaka.jp

 

f:id:trillion-3934p:20190421114921j:plain

 

美少年をサムライ二人が取り合っての果し合い、からの仇討ち旅。

主人公は加藤嘉明さんのひ孫14歳……という。

 

昔なんかの小説で取り上げられていた気もするんですが、思い出せません。

気のせいかなあ。

 

 

 

 

以上、高槻は昔も今も栄えていて、散歩するにはとてもいい街ですね。

面白い店が多くて、よく見たら色んな史跡もあって、って素敵やと思うの。

 

台風被害は大変でしたが、引続き復旧が着実に進んでいきますように。

 

 

 

「近鉄中興の祖 佐伯勇の生涯 感想」神崎宣武さん(創元社)

 

近鉄を日本有数の私鉄に押し上げたことで有名な佐伯勇さんに関する本が30年ぶりに復刊されており、現代の視点で読んでもなお興味深い事柄が多くてかんたんしました。

 

www.sogensha.co.jp

 

f:id:trillion-3934p:20190414104916p:plain

 

 

佐伯勇さんは近鉄の社長を昭和二十六年から昭和四十八年まで務め、その後も会長として活躍、財界活動等でも名を轟かせたお人であります。

 

近鉄の営業距離を日本最大規模にまで拡げ、沿線開発や旅行業等の事業多角化を進め、関西文化を保持する旦那さんとしても活動。

現代人から見れば人口ボーナスや復興ボーナスが羨ましいとはいえ、その経営手腕に対する評価が揺らぐことはないでしょう。

 

 

そんな佐伯勇さんの足跡を民俗学者さんが執筆してはるというのも本書の特徴です。

民俗学者さんらしい、インタビュー、聞き取りを駆使したルポルタージュになっていますので、エピソードの一つひとつに迫真味があり面白いですよ。

 

しばしば話が著者個人の意見や考察(大阪と東京の気質の違い等)に脱線しますが、それはそれで当著の味になっている気もいたします。

 

 

構成はスタンダードに佐伯勇さんの生まれ育ち~若かりし頃~経営者時代~と進んで参ります。

プロローグののっけから大阪で有名な料亭「太和屋」さんが登場したりするのは土地の人間的に「おおっ」感があっていいですね。

 

 

読んでいて面白くなるのは、やはり近鉄経営に関わり始める中盤以降。

 

佐伯氏が秘書として長年仕えた種田社長("近鉄(社名変更後)”初代社長)とのお話や、関西の中小私鉄を近鉄として再編していくような話は実に興味深い。

秘書時代にのんびりしていたら予定が早く終わった種田社長を寒空の下で長時間待たすことになってしまい厳しく叱られた、後年佐伯氏が社長になった時に同じように秘書の不手際で放置されたときはそのエピソードを語りながら温かく叱った、みたいな話はいかにもサラリーマンドラマ味があって好き。

 

手土産を相手客だけでなく秘書や運転手にも用意した、その渡し方も主客の空気を読んでいて実に見事だった……みたいな佐伯氏の秘書時代の活躍は、気配りのひとつのあり方としてとても参考になります。

 

 

敗戦直後、食糧難にあたっての「近鉄農場」事業へのトライも面白い。

沿線地域の住民と折衝して土地を確保して、農業を始めるも……事業としては生産的にも会計税務的にも失敗、即撤退、それでも近隣住民との距離が縮まったことで後の沿線開発に大いに役立った……という七転び八起きがいいんです。

 

その後、伊勢湾台風を受けて全線がズタズタになった際の、名古屋線軌間拡幅工事をこの際一緒にやっちまおうという話も迫力があります。

佐伯氏自身の回想を読むだけでもう面白いですからね。

とにかく、この機会だから、来年に予定していた全線の広軌へのゲージ統一をやろう。どうせ電車が止まっているのやから、全線の復旧工事は、一挙に広軌にしてやるべし。儂はそう決めた。だから、その方法を考えてくれ。やらんと言う必要はない。どうすればやれるかっちゅうことを考えろ。一週間時間をやるから案をだせ。衣冠束帯は問わん。知恵のある者は知恵をだせ。諸君は何のために月給をもらっているのか、今日あるためにもらっているのではないか、と重役を並べて言ったんや。儂は、もうそのとき、どうやるかっちゅうことを決めていましたけど、自分が案をだしてしまったらみんなが協力できんでしょ。あれは、ちょっとドラマチックやったな。もちろん、芝居なんかしとらん。儂も必死やったんや。それで、一週間目に、みんな案はできたか、ちゅうてみた。いろいろでたが、いちいちその実行案にダメをだし、最終案を儂が一気にまとめたんです。

 

この社長の決断を受けた、当時の現場の工場課長さんの回想も。

私は、言葉は悪いが、現場にいる立場から、内心“しめた”と思いましたよ。線路はズタズタで、電車は動いていないんですからね。つまり、休んでいる電車なら、まとめて工事ができますでしょ。それは、線路工事も同じで、しかも昼間に工事ができるわけですから、安全だし能率も上がるというもんです。

鉄道にとって、いちばん恐いのは、事故です。とくに、電車を走らせながらそのあい間を縫って工事をする。そのときの神経のつかい方は、そりゃあたいへんなもんですよ。もし、台風がこなくて計画どおり翌年二月にあれだけの大工事をしていたとしたら、寒いときでもあるし、事故があったかもしれません。私らは、そういうことが心配になるのです。それが、安全に能率を上げることができたのは、何よりだった、と思っています。

ですから、そういうことがわかって英断を下した佐伯さんは偉い人だなあ、と思ったものです。現場が一丸となってふるいたったのも、そういう気持ちがあったんです

 

 

その他のエピソードでは、奈良電鉄買収後の話が好きです。

吸収合併した元奈良電鉄の社員たちに「君らを継子扱いはせん」と言い切って、給料もポストもきちんと与え、果ては合併後に「奈良電三十年史」まで出版。

今日のM&Aにおいても学びになる気配りではないでしょうか。

 

 

 

最後に、印象に残った佐伯氏のセリフを。

「学者は現実を知らない、経営者は情報を知らない、官僚は両方知っていても喋らない」

 

一見、世の中の話をされているのかもしれませんが、実は近鉄も含めた大企業の中の話なのかもしれないなあ、と思ったり。

大きな組織の中には、学者のような人も官僚のような人もたくさんいますもんね。

色んな人をビューティフルハーモニーさせて経営するというのは実に難しい。その難しさを端的に示しているのでは……などと感じました(私見です)。

 

 

 

時代背景が違うからこそ、往年の名経営者のお話は面白いですね。

渋沢栄一さんも再注目されていますし、また色々学んでみようかという気になってしまいます。

 

温故知新……というと単純に過ぎるかもしれませんが、かつての知恵を今後に繋げることのできる我々でありますように。

 

 

 

「家入レオさんのエッセイが面白い」日経新聞のプロムナード

 

日経新聞夕刊の「プロムナード」という様々な方が日替わりで連載しているエッセイ欄がどれも面白くて好きなのですが、その中でも家入レオさんの文章は、若い時分の繊細な感覚を強く共感させてくれてかんたんいたしました。

 

家入レオさんのエッセイ

r.nikkei.com

 

 

↓プロムナード

www.nikkei.com

 

 

日経新聞は文化面の記事がいいんですよね。

 

このプロムナードも、本日の木ノ下裕一さんの文章、

はじめましての世界 木ノ下裕一 :日本経済新聞

 

ちょっと前の笹公人さんの文章

ゼリー生活 笹公人 :日本経済新聞

 

などはとても印象に残ります。

 

 

 

そして、家入レオさん。

(失礼ながら)若い、歌の上手い方、というくらいの知識しかなかったもので、こんなに個性も共感性も高い文章をお書きになるとは思いもよりませんでした。

才能に加え、きっと日々歌や詞に真摯に向き合ってはるからこそなんでしょう。

 

 

 

家入レオさんのエッセイで気にいったのは、例えば次のような記事たちです。

 

 

多忙と多忙のスキマ、様々なものを得た上でフッと我に返るとき、そんな感覚をよく捉えた文章

(プロムナード)都会のオアシス 家入レオ :日本経済新聞

 

 

都会で活躍している人にとっての、地元との距離感を巧みに描いている文章

(プロムナード)新年の流儀 家入レオ :日本経済新聞

 

 

いい友達ってこういう関係だよね、と思わせてくれる文章

(プロムナード)好ましい彼女 家入レオ :日本経済新聞

 

 

若い頃は、こんなことを考えていた気がする、いや考えていなかったかもしれないけど考えていたんじゃないかという気になる、結婚や性別に関する文章

(プロムナード)結婚 家入レオ :日本経済新聞

男と女を哲学する 家入レオ :日本経済新聞

 

 

いずれも、飾りっけがなくて、お人柄や空気感が、そのまま伝わってくるような名文だと思うのです。

 

ウィキペディアによれば家入レオさんは現在24歳。

自分よりはるかに若い方の文章に、これほど人生に対する真面目な視線を感じてかんたんしたのは久しぶりのことです。

嬉しくなってしまいますね。

 

変な入り方ですが、こういう縁から、彼女のアルバムを一丁買ってみようかな、久しぶりに行くかタワーレコードみたいな気分になりました。

 

 

さっき載っていた倉田光吾郎さんの記事なんかもそうなのですが、

「なんでも作るよ」作家魂 鍛冶師の倉田光吾郎さん :日本経済新聞

(スコタコ!)

 

若い方々の素晴らしい才覚がこうしたメディアを通じてほどよく世の中に伝わって更なるご活躍に繋がっていきますように。

 

 

 

 

 

「星の王子さま4巻感想 まさかのマッスル・ドッキング、からの酷過ぎる返礼漫画」

 

星の王子さまの単行本が久しぶりに出たと思ったら酷さに輪をかけた内容になっていて盛大に笑えたのでかんたんしました。

 

jumpbookstore.com

 

f:id:trillion-3934p:20190409000437j:plain

 

 

もはやあらすじを語っても意味のない漫画ではありますが、4巻では

 

 

……というどうしようもないナンセンスな動きが続いております。

一般的には迷走と言われる状況ですが、漫画太郎作品なので平常運転です。

 

とりあえずクラウドファンディングをしてくれた有徳人の方々は画太郎ファンらしく駄目な大人ばかりなので本望通り酷い●に方をしてくれないかなと一読者としては願うばかりです。

というか皆酷い●に方をしているので本望でありましょう。

なかなかできないよこんな経験。

 

 

 

返礼漫画もたいがい面白いのですが、白眉は初代ゆでたまご先生の乱入。

 

「やかましーーッ!!!」

「今 何時だと思っとんじゃコラーーーーーッ!!!」

(えーーーッ!!?)

「逃げるなコノヤローッ!!!」

「まてーーーーッ!!!」

カンカカンカーンカンカン

つるっ つるっ つるっ

ゴロゴロゴロゴロ

「うわああああああーーッ!!!」

「な…なんのこれしきーー!!!」

「か…火事場のクソ力じゃーーーーーッ!!!」

「「マッスル・ドッキングーーーッ!!!」」

ドーーン

「へのつっぱりは!!!」

「いらんですよ!!!」

プップー

「「!!?」」

ブチッ(シューズの靴紐が切れた音)

 

以下略

 

 

という素晴らしい勢い。

無駄に再現性の高い写実表現力。

シューズの靴紐が切れるネタの細かさもいいっすね。

 

ゆでたまご先生の許可を得ているのかどうかは定かではありませんが、ゆでたまご先生をここまでイジれる漫画家ももはや少ないでしょうから貴重なシーンではあります。

 

 

 

そんなこんなで本編以外のとこで主に笑いつつ。

 

直近でも、星の王子さまは返礼漫画の方が面白くなってしまって、本編の方は最後までたぶん行かないんだろうなとも予想はしておりますが……。

 

なぜか画太郎先生のテンションと底堅い単行本の売り上げが維持されてもう少しは連載が継続いたしますように。

 

 

 

「カレーライスの唄 感想」阿川弘之さん(ちくま文庫)

 

ちくま文庫から復刊された「カレーライスの唄」という阿川弘之さんの小説が、まことに穏やかで調和した娯楽小説でかんたんしました。

これぞ昭和期の連続ドラマ的展開。

 

www.chikumashobo.co.jp

 

f:id:trillion-3934p:20190407143932j:plain

 

 

あらすじ(オフィシャルHPより)

会社倒産で職を失った六助と千鶴子。他人に使われるのはもう懲り懲り。そこで思いついたのが、美味しいカレーライスの店。若い二人は、開業の夢を実現できるのやら?そして恋の行方は?邪魔する奴もいれば、助けてくれる人もいる。夢と希望のスパイスがたっぷり詰まった、極上エンタメ小説!食通で知られた、文豪・阿川弘之が腕を振るった傑作!

 

 

昭和36~37年の作品ですから、いまから50年以上前の青春小説になります。

時代は違えども、どこか現代と相通じる手触り感があって楽しいですよ。

 

 

以下、軽いネタバレを含みます。

ネタバレどうこうよりも若い二人のライブ感ある紆余曲折を楽しむ小説ですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カレーを前面に出したタイトル。

黄色調の朴訥としたカレーデザイン表紙。

美味しいカレーライス屋さんを開こうというあらすじ。

 

こういうインプットから、本の大半はカレーの話なのかなと思っていましたが。

 

前半~中盤はひたすらに

 

 失業の話

 株の話

 サラッとした色恋の話

 

が延々と続き、「カレーどこいった」という印象を強く抱きます。

 

私のようにグルメエッセイやグルメ漫画が好きな人が、そういうのを求めて読んでいると肩透かしにあうことでありましょう。

 

 

とは言え、冒頭で少し述べた通り、その失業や株や恋の話が昭和期の青春ドラマや小説の黄金比に沿ったクオリティの高い展開でございますから、小説としては素直にスイスイと楽しんで読み進めていける訳ですね。

 

展開のポイントとなってくる

 

「ブラック経営者の憎たらしさ」

「失業の苦しみ@出版業界」

「金持ちの子どもという分かりやすい憎たらしさ」

「株で人生一発逆転」

 

といった要素なんて、これだけ抽出したら現代の娯楽作品と何ら変わりないですし。

 

 

こういった前中盤の人生ドラマを経て、主人公六助さんとヒロイン千鶴子さんはカレーライス屋の開業を目指すことになっていくのですが。

 

開業資金を「インサイダー情報で得た株取引」で確保するところは昭和のユルさを端的に示していて、現代人がこの作品を読む上でしみじみと当時はよかったと思える味わい深いエモーションスポットになっていて好きです。

 

 

後半のカレーライス屋開業パートも、料理の工夫あり、客呼びの苦労あり、若い二人のドラマありと、なかなか見どころ多く開放感多く、いい娯楽になっています。

 

個人的には東京商工会議所の無料相談を活用する場面が好きですね。

ちょっとしたことかもしれませんが、アントレプレナーマインドがある人の背中を押すシーンってイイと思うんです。

 

肝心のカレーも、おいしいだけじゃダメで「極端な辛さ」等なんらかのヒキが要るんじゃないかとか議論している料理ドラマらしい努力パートが楽しい。

起業系ドラマは試行錯誤シーンと、それが報われる開放感あってのものですよね。

 

 

若い二人のスピード感のない恋愛もほのぼの快く。

経緯や目的語は伏せますが、ラストの千鶴子さんのセリフ

 

「上げるわ、上げるわ」 

 

は名場面だと思いましたね。

550ページに及ぶ二人の気持ちがやっと顕在したかという満足度。

 

 

 

失業とか色々ありつつも、絶望感のない、明るさや希望に富んだ、よい昭和ドラマ。

ちょっとページ数は多いですけどユルユルヒョイヒョイと読める作品です。

肩こらないし読んでて楽しかったし、ちゃんと最後はカレーを食べたくなる。

 

 

大盛りカレーをもりもり食べる喜び、いいですよね。

私の胃腸も大盛りカレーをいつまでもバッチコイできる健康を保てますように。

 

 

 

 

 

「啄木歌碑アルバム(無料パンフ)」石川啄木記念館

 

岩手県盛岡市玉山区の渋民、石川啄木さんゆかりの地にあります石川啄木記念館が発行している無料パンフが素晴らしい逸品でかんたんしました。

 

www.mfca.jp

 

↓このパンフ。

f:id:trillion-3934p:20190407004842j:plain

 

 

 

和歌や短歌といえばご時世的に万葉集の話でもした方がいいかもしれませんが、あえて石川啄木さんです。

 

素朴で等身大でしみじみ心情が伝わる歌がいいですよね、啄木さん。

 

 

 

こちらのパンフは岩手県内を中心に石川啄木さんの歌碑の歌・所在地をまとめた冊子になります。

啄木さんの愛されようは半端なくてですね、岩手県内だけでも24か所に歌碑があるようですよ。

 

 

パンフ、すなわち歌碑で取り上げられている歌は、地域や風土への思いを歌ったものが当然中心になりますので、啄木さんの歌の中でもあたたかい系、前向き系、ハートフル系のものばかりがセレクトされているのがいいんですよね。

 

啄木さんといえば

 

 はたらけど

 はたらけど猶わが生活(くらし)楽にならざり

 ぢつと手を見る

 

とか

 

 ふるさとの訛なつかし

 停車場の人ごみの中に

 そを聴きにいく

 

といった、苦しい系や寂しい系のものが人口に膾炙しているイメージがありますが、私はむしろあたたかい系の歌もいいんですよと言いたい。

 

 

 

パンフではこんな感じに歌碑の歌と所在地が一つひとつ取り上げられておりまして。

f:id:trillion-3934p:20190407004853j:plain

 

 ふるさとの山に向ひて

 言ふことなし

 ふるさとの山はありがたきかな

 

ふるさとの山はありがたきかな。

この歌なんて、地元に山がある人ならたいてい好きになると思うんですよね。

 

 

取り上げられている歌は他にも

 

 かにかくに渋民村は恋しかり

 おもひでの山

 おもひでの川

 

ですとか

 

 やはらかに柳あをめる

 北上の岸辺目に見ゆ

 泣けとごとくに

 

のように共感性の高いものが中心になっています。

誰にとっても偉大なるかな地元。

ジモトがジャパンおもしろいですよね。

 

 

 

 今日ひよいと山が恋しくて

 山に来ぬ。

 去年腰掛けし石をさがすかな。

 

 

 不来方のお城の草に寝ころびて

 空に吸はれし

 十五の心

 

なんかも好き。

ちなみに不来方のお城とは盛岡城のことです。

 

 

 

個人的に一番アート味が好きなのはこの歌。

 

 或る時のわれのこころを

 焼きたての

 パンに似たりと思ひけるかな

 

この歌の歌碑はご当地の玉山小学校にあるそうです。

こんな歌に触れて育つ小学生は幸せだと思いませんか。

 

 

 

こうしたあたたかい系の石川啄木さんの歌や、所縁の地マップや、啄木さんの生涯の紹介等が約60ページという程よいボリュームにまとまっていて、無料配布。

 

これはいい公共事業。

 

啄木さんの歌をちょっとかじってみたい人にも、啄木さんがらみの観光をしっかりやってみたい人にも、垂涎の品になっていますよ。

盛岡にお立ち寄りの際にはマストゲットイクイップメントだと言えましょう。

 

 

 

さいきんはインバウンドなお客様も石川啄木さんを求めてやってきているそうです。

穏やかにふるさとを尊ぶような歌こそますます世に広まっていきますように。

 

 

 

信長の野望201X「ノーサイド!201X学園(学園武田家)」

 

201Xのエイプリルフールイベント、学園武田家のシナリオが非常に感動的なドラマになっていてかんたんしました。

 

↓イベントのリリース

nobu201x.gamecity.ne.jp

 

f:id:trillion-3934p:20190406000550p:plain

f:id:trillion-3934p:20190406000603p:plain

 

 

のっけから色々おかしい画像が続きますが、イベントの展開はスクールウォーズあり、昨今のスポーツ界への風刺あり、まつりさんのあっち方面への目覚めありと、極めてクオリティの高い内容になっているんですよ。

 

なんか201Xのシナリオライターさん、腕がますます上がっていってませんか。

史実に基づいた真面目なイベントもネタ方向に振り切ったイベントも自由自在、こんな稀有な文筆家さんがしっかり遇されるといいですね。

 

 

以下、ネタバレしすぎない程度に見どころを紹介いたしますと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

武田信玄さん。

f:id:trillion-3934p:20190406001024p:plain

 

 

上杉謙信さん。

f:id:trillion-3934p:20190406001101p:plain

 

 

そんな二人の友情というか掛け算というか。

f:id:trillion-3934p:20190406001200p:plain

 

ああ、このままずっと

がっぷり四つで

お主といられれば……

 

 

これにはまつりさんもドキドキですね。

f:id:trillion-3934p:20190406001443p:plain

f:id:trillion-3934p:20190406001454p:plain

 

ひとつの幸せの扉が閉じるとき、もうひとつの扉が開く訳であります。

 

 

 

 

 

気を取り直しまして。

 

 

いつもかわいい勝頼さん。

f:id:trillion-3934p:20190406002003p:plain

 

 

ロック弾正と化した保科正俊さん。

f:id:trillion-3934p:20190406002235p:plain

 

 

現代では許されないんですが現代にもいてほしい先生役を務める山本勘助さん。

f:id:trillion-3934p:20190406002845p:plain

 

 

などなど、ここで取り上げた画像だけでもたいがいネジが飛んでるんですけど、実際のイベントの中身は更に面白く、かつ感動的なものになっているので、ぜひ実際にプレイしてみてください。

 

けっこう色んな意味で新鮮な驚きがあると思います。

 

 

小ネタも豊富すぎて追いきれないくらいだったり。

 

例:スパロボネタ(しかもF頃の島田兵ネタとかまた懐かしいものを)。

f:id:trillion-3934p:20190406003426p:plain

f:id:trillion-3934p:20190406003445p:plain


久しぶりにFとかコンプリートボックスとかやりたくなりますね。

OVAシリーズも好きですが、シャインスパークだけは神谷明版がやっぱり好きです。

 

 

 

 

なお、恒例のラストステージは相変わらず難しいです。

 

私はいわゆる薬師&兵器の構成にして、ウエポンオンリーや戦闘不能ゼロを狙うことでなんとかS評価取れました。

f:id:trillion-3934p:20190406004824p:plain

f:id:trillion-3934p:20190406004844p:plain

f:id:trillion-3934p:20190406004858p:plain

 

ベタですが、前列に高山右近さん(獣壁)と高レベル薬師さんたちを配置して敵の攻撃を凌いで、カウンタを溜めて、馬印モリモリ縦陣から連携攻撃のファウストやジャベリンをぶっ放していくというやつですね。

 

兵器ダメージに特化した人材を持っていないこともあり、かなり手こずりました。

一度ターン数が尽きてコンティニューしましたが、誰も戦闘不能になっていなければS評価はギリギリ取れるようです。

 

まあこんなんでも中級者くらいの方の参考になれば。

 

 

 

 

201Xのラグビーイベントは大成功ということで。

 

今年2019ラグビーワールドカップもトラブルなくいい感じに盛り上がりますように。