肝胆ブログ

かんたんにかんたんします。

【血の涙】「ミニスーファミ日本版 悪魔城ドラキュラが戦力外通告される」

 

 

任天堂が「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の発売を
発表いたしました。

 

昨日の海外版リリースで悪魔城ドラキュラが収録されていることに
かんたんしていたら、本日の国内版リリースでリストラされていて
ひたんに暮れました。

 

nlab.itmedia.co.jp

 

 

 

なんでや……


なんでなんや……!!

 


ドラキュラの代わりに収録されるのは「がんばれゴエモンゆき姫救出絵巻」。

 


分かる……分かるさ……


同じコナミだもん。

ゴエモンいいよね。
同時プレイできるもんね。
おんぶとかのアクション楽しいもんね。


見えるよ。

親子でプレイしてさ。


「パパ、こんなでっかいおたふく倒せない~」
「ふふふ、画面端っこでしゃがめばいいんだよ」


そんな微笑ましいやり取りが各ご家庭で生まれるんでしょ。

 

そりゃ、一人で黙々とプレイする悪魔城ドラキュラなんて
家庭団欒には貢献できないもんね……。

海外のキャッスルバニア人気みたいなんもないし、
どうせ国内のドラキュラマニアは実機でプレイしてるから
わざわざ収録せんでもいいよね、って思われてるよね……。

 

くそう、その通りだよ!

 

 

 

あまりにも口惜しいので、勢いでドラキュラプレイしてやりました。


ハン、1時間ちょいでクリアできたわ!

 


よくできてるんですよ。


SFC独特の画面回転機能をつかってみたり。
カラクリ館のBGMがGBAでアレンジされた時は感激しました。

f:id:trillion-3934p:20170627232550p:plain

 

 

巨大シャンデリアに乗りこんでみたり。

f:id:trillion-3934p:20170627232613p:plain

 


このゲーム最大の難敵は背景と一体化していて突然襲ってくるこうもり。

f:id:trillion-3934p:20170627232646p:plain



8面の難易度は凶悪です。
でもぶら下がっておててわさわさしている骸骨はかわいい。

f:id:trillion-3934p:20170627232726p:plain

 


9面は財宝の間。
ボスは黄金バット

f:id:trillion-3934p:20170627232804p:plain



時計塔では3大名曲のひとつ「血の涙(ブラッディティアーズ)」が流れます。

f:id:trillion-3934p:20170627232831p:plain



「VampireKiller」が流れる中、崩れる橋を進むシモンさん。
橋がこうもりに変化する演出がおもしろい。

f:id:trillion-3934p:20170627232854p:plain

SFC版のVampireKillerアレンジはけっこう好きです。
カラクリ館同様、「サークルオブザムーン」で採用されていました。

画像を取り忘れましたが、この後のエリアでは「Beginning」も聞けますよ。

 

 


凶敵ベリガンをやっつけ

f:id:trillion-3934p:20170627232930p:plain



雑魚敵ギャイボンを叩き落とすと

f:id:trillion-3934p:20170627232953p:plain



いよいよデス様がお目見え。
分身体を引き連れた登場シーンの格好よさはシリーズ随一です。

f:id:trillion-3934p:20170627233016p:plain



ドラキュラ直前ではこんなところに隠しボーナスがあったり。

f:id:trillion-3934p:20170627233109p:plain



ドラキュラ伯爵はそこまで強くありません。
と言いながら舐めてたらけっこうダメージ喰らってしまいました。

f:id:trillion-3934p:20170627233134p:plain

 

 

 

久しぶりにドラキュラしばいたら気が晴れるかと思ったのですが……。

 

 

はあ。

 


悪魔城ドラキュラファンは……

心情的にまだ喪中なのです。

死んだ子の齢を数えて暮らしているような気持ちなのです。

 

こんな、「援軍来たる」「虚報でした」みたいな落差を
笑ってスルーできる精神状態にはないんです。

こんなニュース聞きとうなかった。

 

 

初期シリーズの年代記リメイクとか。
1999年のユリウスさん大活躍シナリオとか。

想像していた頃を思い出してしまって
癒えない傷がズキズキと痛みます。

 

 


まあ、ゴエモングラディウスときめきメモリアルもみんな同じ境遇ですからね。
ゴエモンファンだって収録されたことでかえって複雑な思いや辛い記憶が
湧いてきているかもしれません。

ドラキュラだけを取り上げてぶちぶち言うのもはしたないです。

 

 

ちなみに悪魔城ドラキュラをプレイしてみたくなった方は
PSPの「悪魔城ドラキュラXクロニクル」が手に入り易くておすすめですよ。

新曲「Red Dawn」は素敵だし「月下の夜想曲」もオマケでプレイできるし。

 

 


……百年後のイースターの日に悪魔城ドラキュラが復活しますように。

(前も書いた)

 

「コーエーテクモホールディングスの株価('17.3)」日経新聞 コーテクHD、命運握る「10年越しの新作ゲーム」 証券部 南雲ジェーダ記者 - 肝胆ブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

「八月の鯨」リンゼイ・アンダーソン監督

 

八月の鯨という昔のアメリカ映画にかんたんしました。

 

八月の鯨 映画 - Google 検索

 

アメリカはメイン州(いちばん右上の州)、
大西洋を望む場所に建つ家で暮らしている老婆×2の物語です。

いや、物語というか、物語要素もほとんどないのですが……。

 

登場人物は

・家主の妹(お婆ちゃん)
・居候の目が見えない姉(お婆ちゃん)

・近所のいらんことしいな友達(お婆ちゃん)
・近所の居候先を探している友達(お爺ちゃん)
・近所の大工さん(お爺ちゃん)

・近所の不動産屋さん(かろうじてお兄さん、但しチョイ役)

以上です。

 

特筆するような事件やサスペンスやアクションやホラーは起こりません。

ある夏の日の朝から翌朝までをささやかに切り取って、お年寄りたちによる
トークや思い出話や愚痴話や口喧嘩を眺めているだけの映画です。
気分的にちょっとプラス、ちょっとマイナス、ちょっとプラス、ちょっとマイナスと
繰り返して、最後はちょっとプラスで終わる。


音楽で言えば環境BGM、
ゲームで言えばアクアノートの休日
そんな映画と言えるかもしれません。


90分という短い映画ですので集中して観ていられますが、
あともう少し長かったり、もう少し疲れていたりしたら
あっという間に寝てしまっていたと思います。

 

 

で、それが面白いのかというと。


これがなぜか面白いんですよねえ。


演技と景色。
この二点だけで格別な見応えを与えてくれるのです。

 

 

演技。

登場人物全員老人という中で、皆さまの演技が素晴らしいんですよね。

私の知っているお年寄りそのものなんですもの。
洋の東西って関係ないんやなあとあらためて感じました。


田舎の、引退した農家や漁師や店主の暮らしをイメージしてください……

やたら朝早く起きて、朝っぱらから友達が遊びに来てダベって、
午後はお昼寝して、夜からまた会合でお酒もちょっと飲んで、
ときには老人同士で喧嘩もして、次の日も朝早くに目が覚めて……という
お馴染みの生活リズム。


感情のコントロールが効かなくなってきていて、
要らんことをしてしまう、
こらえきれずに落ち込んでしまう、
言わなくていいことを全部言ってしまう、独特の業。

特に悪い癖をいくら指摘されても直さない銘々の開き直り方が実にいい。


そして、一人になったとき、昔の写真や思い出の品を手にして
物思いに耽ってしまう……表情。その横顔が。

 

こうした演技の尋常でないリアルさにかんたんしつつ、
リビーさん(目の見えない姉)の長い白髪の美しさに少しドキッとするのです。

お年寄り一人ひとりの魅力がすごいですよ。

 

 


加えて、お年寄りばっかりで胃が飽きてくるちょうどよい頃合いで
すこぶる美しい景色のカットを挿入してくれるのです。


大西洋独特の濃厚な青色。
夏の日差しを存分に浴びた草花。
月と星の尊い明かり。
朝焼けと遥か彼方を望む大海原。


時の歩みを体現しているお年寄りたちと、
永遠の輝きを体現している大自然の風景。


この対比がまた快くてね……


いい映画だなあと思ってしまうんです。

 

 

 

もうひとつ……

お年寄りたちの演技が上手すぎたために。


90分この映画を観るなら
90分リアルお年寄りの話を聞いた方が
いいんじゃなかんべか……とも思ってしまいました。

 

うーむ。
そうだね、孝行仁愛しましょうよ。

 

 

それぞれの老境に眺める景色が美しいものでありますように。

 

 

「死顔」吉村昭さん(新潮文庫)

 

 

吉村昭さんの遺作「死顔」にかんたんしました。

 

www.shinchosha.co.jp

 

 

全部で150ページのほどの短い作品集で、

・ひとすじの煙

・二人

山茶花

・クレイスロック号遭難

・死顔

の五作が収録されております。

その中でも、同じエピソードを題材にしている
「二人」と「死顔」を紹介させていただきます。

 

以下、ネタバレを一部含みますのでご留意ください。

 

 

 

 

 

 


いずれも吉村昭さんの晩年期における私小説風の内容です。

吉村昭さんの次兄が余命幾ばくもないということで、
もう一人の兄と一緒に見舞いに行った、
その見舞い直後に次兄は息を引き取った、
葬儀に出かけた、という筋になります。

いずれの作品でも「人が息を引き取るのは干潮時」という俗説が
紹介されていて、吉村昭さんの家族の死は実際に干潮時だったことが
述べられており、興味を引かれました。

 

二人の方では次兄の愛人・認知した子という存在が挿入されていて、
かつて吉村昭さんが愛人から相談の呼び出しを受けたり、
見舞い前に彼らの扱いについて甥から相談を受けたり、
葬儀後に愛人から電話がかかってきたりという経緯が描かれています。

死顔に比べると、全体として描写がやや客観的なように思えます。


死顔の方は吉村昭さん自身の死が近づいてきているせいか、
人の死を送るということ、自らの死を見据えるということに
描写の焦点が当たっているようです。


例えばどちらの作品ももう一人の兄との電話で締めくくるのですが、


二人では

兄は、あらたまった口調で、
「今さらこんなことを言うのも変だが、人は必ず死ぬものなんだね。兄や妹、弟が八人いたのに、一人一人確実に死んでいった。残ったのは、あんたと私だけだ」
と、言った。
次兄の死で同じようなことを考えていた私は、かすかに笑った。
「どうだね、生れた町の小料理屋にでも行って、二人で飲まないかね」
「いいですね。ただ、この寒さじゃどうにもならない。桜でも開花した頃ですね」
「そうね。そうしよう」
兄は、じゃ、またと言うと、電話を切った。


死顔では

「とうとう二人きりになりましたね」
「そうだね。考えてみると、つぎつぎによく死んだものだな」
私は、兄が私と同じことを考えているのを知った。
「兄さん、長生きしてよ」
私は、思いをこめて言った。
「わかっていますよ。ただし私は八十だからね。いつこの世におさらばかわからない」
兄の声は、相変わらずはずんでいる。
「なんのなんの。兄さんは元気だから大丈夫だよ。私の方が先かも知れない。でも、年の順は考えて下さいよ。私は六歳若いんだから……」
「わかっていますよ。そのくらいの常識はありますから……」
兄のかすかに笑う気配がした。
「ともかく御苦労様でした。これですべてが終わりましたね」
私は、受話器を置いた。


桜の咲く頃飲みにいこうという未来を含ませた二人と、
間近に迫ったそれぞれの死を見据える死顔、違いは明瞭ですね。


とは言え、いずれの作品でも吉村昭さん自身の「人に死顔は見せたくない」
「延命措置は望まない」というお考えや、次兄の死に際して
「最期は次兄の家族だけで看取らせてあげるべき」という姿勢が
よく描かれていて、それが読者に深い思惟を求める迫力となっております。

自身がどういう送られ方をしたいか、
近しい人の死をどういう形で送ってあげたいか、
これらは普段あまり意識しないけれども、
本当は絶対に考えなければならないことですよね……。


強い意志で未来に向き合いたい人、
あるいは近辺に死の匂いを感じる人におすすめしたいです。
少し、読むには気構えが要りますけれども……。

 

 


吉村昭さんの死にざまは、この作品で理想とされていた通りだったようです。

一方で、尊厳死問題も相まって、その死の有り様が盛んに取り上げられたのは
吉村昭さんの意志とは少し違うのではないかなと思います。

それぞれが静かに受け止め、考え、評することはまだしも、
ワイドショー的に好奇の目に晒すのはちょっと……です。


この本にも奥様である津村節子さんの「遺作について――後書きに代えて」が
掲載されていますが、これを読んだだけで吉村昭さんの死をきれいで立派な
ものであると単純に解するのではなく、その後の彼女の作品「紅梅」まで
読んで、後悔や煩悶まで充分に受け止めた方が……とも思うのです。


あくまで私個人の考えです。

 

 

最後に、川西政明さんによる解説の中で、次の文章にかんたんしました。
少し長いのですが引用します(改行は私の手によるものです)。

その吉村昭に死の想いがひそかに忍び寄ることがあったようだ。平成十二年十二月に短編集『遠い幻影』の文庫版が刊行された。
その解説で僕は、
「これらの短編を読むと、吉村昭のなかに、人は稲光する雷雨、激浪をうちあげる暴風、火を吹く山、地を揺する地震を避けようもなく経験するが、そのあとには風がそよぎ、空は晴れ、星はまたたき、大地は緑に輝く時が必ずくるという確信があることがわかる。荒々しい経験をしたあと、人は穏やかで普遍的な世界を肯定する場所に居場所を見つけるにいたる。それが人生の自然なのだと吉村昭は言っているように思える。その一方で、その自然にわが身をまかせることができない人もまた多い。それら人生の微細を吉村昭は短編で写しとっているのだろう」
と書いた。
これを読んだ吉村昭から手紙をもらった。そこには僕の説を受け入れた上で、
「なんとなく自分が一つの道に入って歩みはじめているのをかなりはっきり意識している」
ことを示唆し、それは
「まちがいなく、現実には老いを少しも感じないながら、小説家として死の沼への道を確実に下りはじめている思いをしているためです」
と告白してあった。
作家とはこうした意識を大事にしつつ一歩一歩と自分を深めていく人間なのであろう。


名文だと思います。
解説がよいと、その本を買ってよかったという気持ちが高まります。

 

 


以上、文庫本「死顔」のご紹介でした。


静かに死を迎えたいという願望に加えて、
死んでからも静かにありたいという願望が湧いてきました。

これは、欲目なんでしょうか。

 

静かな晩境と死後が叶いますように。

 

 

 

 

「極食キング」土山しげる先生(日本文芸社)

 

 

 

食キングの続編、「極食キング」がコンビニで売っていてかんたんしました。

 

 普通の食キング⇒「食キング」土山しげる先生 - 肝胆ブログ

 


たいへん懐かしいです。


この漫画、確か「食漫」というグルメ漫画だけを集めた雑誌に
掲載されていたんですよね。

ドラマ化された「食の軍師」も同時掲載されていました。

雑誌はほとんど売れなかったのか一瞬で廃刊になり、
極食キングは別冊漫画ゴラクに、食の軍師は漫画ゴラク本体に移籍。
その他の漫画は打ち切りになったものと記憶しています。

食の軍師の劇中で

最近なんて食い物ネタだけの漫画雑誌まであるっていうじゃないか!!
バカじゃねえの?

って突っ込まれていましたが、その時点で雑誌の売上低迷と廃刊は
見えていたのかもしれませんね。

 


極食キングは相変わらずの土山しげる節が効いた食漫画で、食キング同様、
主人公の北方歳三さんが売上低迷料理店を再建して廻るというお話です。

ライバルに「喧嘩ラーメン」で出てきた織田獅子丸さんが登場したりして
楽しいんですけど、そもそも喧嘩ラーメンを知っている読者がどれだけ
いるんだろうと不安に思ったものでした。


ウリは前作同様の荒唐無稽な料理修行と、親父ギャグそのものな料理名です。

特に今作は料理名がいい意味でひどかったですね。
以下、ネタバレを含みます。

 

 

 

 

 

祇園の舞妓さんからの再建依頼

「全20種類の食材をどれだけ乗せても一杯500円!」
「自分の好きな物を好きなだけ乗せた丼バイキング…か」
「名付けてMY好飯!


○流行らない飲食店五人衆からの再建依頼

「五軒同じ味のハヤシライスにそれぞれの店の一品!
 竹林亭のツクネ
 嵐山のチャーシュー細切り
 中田屋のエビ天用のエビのフリッター
 それらをトッピングして
 紅葉屋の京野菜の味噌汁と
 雅のポテトサラダを付ける
 名付けて五人囃シ!!


○織田獅子丸についていけなくなった明智さんからの再建依頼

「中京区寺町下ル…に旨いステーキの店有り…
 ン!?
 中京区寺町御池…っていうと…
 織田信長明智光秀の謀反で命を落とした…
 本能寺があった場所だ!」
 \\テキは本能寺に有り//


愛媛県松山空港でのラーメン勝負に勝って

「おめでとうございます!
 このラーメンやはり鯛ラーメンと名付けられるのでしょうか?」
「いや…名付けて…ようこそ松山御鯛麺!!


○から揚げ屋さんからの再建依頼

「な…何と六色の色がついている!!」
「きれい!!」
「衣にそれぞれ調味料を加えた
 赤い唐揚げは韓国産赤唐辛子
 黄色はカレー粉
 緑は青のり
 紫は紫蘇の粉のゆかり
 茶色はカツオブシ粉
 そして黒は黒すりゴマだ
 名付けてカラー揚げ!



……当時、この辺で私は単行本を買うのをやめ、立ち読みに切り替えました。

 

 


そして衝撃のラスト。

歳三さんに敗れて以降、落ちぶれまくった織田獅子丸さんの再建を
することになったのですが。


その修行方法はなんと漫才。
W-1GP…お笑いグランプリ選手権に出場せよと。

ジョーダン言うな」
「私は再建相手に冗談を言った事はない!
 己の技術で客の笑顔を自然に引き出す
 それは料理人も芸人も同じ事
 その喜びの大きさを身をもって知る為の修行!」

 


…………。

 

 

そして、歳三さんと獅子丸さんはコンビを組んで
本当にお笑いグランプリに出場し、詳細はとても文章では書けませんが
ものすごくシュールなネタで好評を博します


観客が拍手喝采する中。

 

「どうだ獅子丸…」
「何か知らんが…
 胸が…
 熱くなってきやがった…」

 

 

涙を滲ませ笑顔を見せる獅子丸。

 

 

復活!
獅子丸復活!

 

 

……訳分かんねえ!!

 

 


こうして物語は円満に終了したのでした。

いつもながら、土山先生は飽きてからのお話の畳み方が本当にすごい。
常人では考えられない展開を見せてくださいます。

 

 

 

同じ漫画ゴラクでは「極!!男塾」が「真!!男塾」にリニューアルされました。

土山しげる先生も同じノリで「真!!食キング」を開始してくださいますように。

 

 

「南朝研究の最前線」編 呉座勇一さん/監修 日本史史料研究会(洋泉社歴史新書)

 

南朝研究の最前線、という新書にかんたんいたしました。

 

南朝研究の最前線 - 株式会社洋泉社 雑誌、新書、ムックなどの出版物に関する案内。

 

……こんな本が出版されていたとは。
10年以上前に読んだ「闇の歴史、後南朝」(森茂暁さん)以来の驚きです。

 


よく見たら編者は「応仁の乱」で話題の呉座勇一さんでした。

「はじめに」のところでこんなことを仰っています……。

本書の諸論考によって、建武政権南朝がけっして“歴史のあだ花”ではないことが明確になるだろう。
これをきっかけに、読者の皆さんが南北朝時代に関する興味関心を深め、本書が掲げる参考文献を手に取ってくださるならば、本書の企画者として望外の幸せである。

こういう光の当たっていない世界に光を当ててくださる方なんですね。
ありがたいことです。

 


表紙のソデの部分にはこんなことが書かれていました。

◎世の中の常識

北条氏による権力独占が進んだ鎌倉幕府後醍醐天皇は、北条氏に不満を持つ武士たちを糾合して幕府を滅ぼす。しかし、新たに発足した「建武政権」は武士を冷遇し、反発した足利尊氏らによって政権は崩壊、朝廷は南北に分裂する。


◎本書の核心

建武政権には多くの旧幕府の官僚が参加し、後醍醐天皇は武士たちに積極的に恩賞を与えた。南朝の政策も時代に即したものだった。では、なぜ後醍醐の「異形」性や建武政権南朝の非現実性が定説化したのか? その核心に迫る16論考。

 

記載の通り、この本は「南朝ってこんな連中」という南朝入門的な色合いと、
南朝研究の経緯を整理したよ」という研究史解説的な色合いがあります

後者の論点については大変分かり易く纏められているのですが、
そもそも南朝を知る人が少ないことを思えばニッチな魅力に留まる気がします。
中世史専攻の学生にとってはめちゃくちゃありがたいでしょうね。

一方、前者の論点については「ちょっと歴史に興味がある人」にも
自信を持っておすすめすることができます。
南朝史は室町時代の裏返しですから、「なんで室町時代ってこんななんやろ?」
という素朴な疑問を解消する手助けになりますよ

 

 

以下、各部別に私の感想を書いてまいります。

 

 

【第1部】建武政権とは何だったのか

 


1 朝廷は、後醍醐以前から改革に積極的だった!(中井裕子さん)
2 「建武の新政」は、反動的なのか、進歩的なのか?(亀田俊和さん)
3 建武政権を支えた旧幕府の武家官僚たち(森幸夫さん)
4 足利尊氏は「建武政権」に不満だったのか?(細川重男さん)

 

しょっぱなから興味深い内容が続きます。


1では、後醍醐天皇の特異性を語る講談が多いものの、
近年の研究で後醍醐天皇以前から朝廷はさまざまな改革を重ねてきたことが
明らかになってきていることを紹介されています。
こういう「ヒーロー誕生前夜の研究」ってのはどの時代でも大事ですね。


2では、建武の新政を反動的(平安時代に回帰する的な)と評する人もいれば
革新的だと評する人もいることを紹介しつつ、両者がどっちにしろ
太平記の影響から抜け出せていないことを指摘しています。

太平記、面白すぎますからね……。
しかも他にほとんど史料が残っていないし……。
これは仕方ないのかも。


3は個人的には1部の中で一番面白かったです。
後醍醐天皇によって採用された旧鎌倉幕府官僚たちが、
建武新政の中で実務経験や人脈を蓄積し、
そのまま足利幕府にスライドしていったことを明らかにしています。

建武新政という過渡期を挟まずに足利幕府がいきなり立ち上がっていたら
南北朝とは別の問題が起こっていたかもしれませんね。
恩賞実務の混乱とかが生じまくって、観応の擾乱的内部抗争が
更に大変なことになったりして。

歴史は戦ばかりが注目されがちですが、実務方の安定も超重要だと思います。

ところで武家官僚の中で「斎藤基夏」「斎藤基任」という人物名がありますけど、
これって後の三好長慶家臣「斎藤基速」(元は幕臣)のご先祖なんすかね。


4は足利尊氏のパーソナリティをおもしろおかしく紹介しつつ、
つまるところ当時の武士たちが「源頼朝の再来」を渇望していて、
それに尊氏はピッタリだったと述べられております。

足利尊氏という方は本当に不思議な人です。

永井豪先生の「バイオレンスジャック」に群盲象を評す※といったことが
書かれていて、なるほどスケールの大きい人物とは多面性を有するものかと
かんたんした記憶がありますが、尊氏なんかはまさに何面もの人間性を有する
複雑極まりない(ひょっとしたら迷惑極まりない)大人物だと思いますね。

 ※群盲象を評す - Wikipedia

 


【第2部】南朝に仕えた武将たち

 


5 鎌倉幕府滅亡後も、戦い続けた北条一族(鈴木由美さん)
6 新田義貞は、足利尊氏と並ぶ「源家嫡流」だったのか?(谷口雄太さん)
7 北畠親房は、保守的な人物だったのか?(大薮海さん)
8 楠木正成は、本当に“異端の武士”だったのか?(生駒孝臣さん)


いいですねえ、やはり歴史への興味は人物への興味からです。


5は……哀しいですね。

後から出てくる後南朝もそうですけど、北条一族の生き残り……
年端もいかぬ少年が、不満を溜め込んだ武士たちに神輿と担ぎ上げられ、
結局は滅んでいく……。

お家滅亡から逃れ、相当ねじまがっていたであろう思想を教え込まれて育ち、
一瞬の活躍を歴史に残すも、とどのつまり若くして首を落とされるんですよ。
自分の人生を省みることはあったんでしょうか。

戦乱に翻弄される民も悲惨ですが、翻弄される貴種も悲惨だと思います。


6は注目を浴びそうな内容です。
太平記では新田義貞足利尊氏より家柄は上のような書かれ方をしていますが、
その実、新田家は足利家の分家に過ぎない(細川家や畠山家等と同じ)ことを
あらためて強調されています。

以前からそうじゃないかという説はあったのですが、やっぱりそうだと。

繰り返しですけど、太平記は面白すぎて歴史研究を歪めちゃってるんですね。


7は、私の大好きな北畠親房さんです。
それだけで嬉しい。

北畠親房さんは公家こそ最高武家絶対殺すマンみたいな扱いをされがちですが、
その実はたいへん優秀でまっとうな価値判断のできる人だと思いますよ。
こちらでも紹介されていますが、別に武士嫌いではなくて源頼朝北条泰時
褒めていたり後醍醐天皇を諌めまくったりしてますからね。

こういう判断も実務も戦も全部できる負け組側のパーフェクト人材って、
本当にロマンがあると思います。


8も注目されそうな内容です。
河内のヒーロー楠木正成さん駿河出身説(鎌倉御家人ルーツ説)。

楠木正成はひたすら史料がありませんから、
これからも様々な説が出たり消えたりするんでしょうね。

私は、実は最近の若い人は楠木正成を知らないと感じていますので
(戦国・幕末コンテンツ強過ぎ問題)、講談レベルの認知でもいいから
再び人気が出てほしいなあと思っています。

 


【第3部】建武政権南朝の政策と人材

 


9 建武政権南朝は、武士に冷淡だったのか?(花田卓司さん)
10 文書行政からみた<南朝の忠臣>は誰か?(杉山巖さん)
11 後醍醐は、本当に<異形>の天皇だったのか?(大塚紀弘さん)


9は1部の3と同じく、私が一番面白いと思った内容です。
建武新政崩壊の真因は恩賞給付の実務上の混乱だった! 説。
恩賞を振舞うつもりはあるのに様々な事情でいっこうに実務が進まない。
武士、キレる。尊氏を頼る。
取り上げられている具体例を見るに、かなり説得力があると思います。

話はすこしズレますが、室町時代の政権構造が話題になる際、
「尊氏が恩賞を大盤振る舞いし過ぎて幕府の力が初めから弱かった」
「結果として守護大名の力が強くなり過ぎ、幕府は統御に苦労した」
「それが戦国時代化した遠因だ」などと評されることが多いと思います。

なんにでも事情はあるもので、もともと室町幕府建武新政のカウンターで
できあがったり南朝との競合上の理由であったりして、各地の強者に
たくさん迅速な恩賞給付をするのはやむをえなかったんでしょうね。

この辺りは尊氏さんの性格に原因を求めてはいけないと思います。
(尊氏さん、そういう実務に関わってなさそうだし)


10はおもしろいというより、頭が下がるパートです。

東京大学史料編纂所が「花押かがみ 南北朝時代」という資料
南北朝時代の人々のサイン集=現代でいう公印集)を
刊行されたということで、筆者はそれを使って南朝のスタッフを
網羅的に洗い出しました、結果こういう人物がいたことが分かりました、
この人物はこんな感じでキャリアを積んでいました、という内容です。

どんだけ大変な作業なんだ……!
こうした研究は、きっと今後さまざまな場面で重宝されるんでしょうね。
すばらしいことだと思います。


11は後醍醐帝の極端な異形性は牽制しつつ、
それでも当時流行っていた宗教の要素を取り入れたり
各宗派の寺宝を集めたりしたのは事実でしょうと。
きっとそうして自身の権威・求心力を高めようとしたんでしょうと
記されております。

現代の政治家とかがAKB総選挙の結果に一喜一憂してみたりして
「親しみやすい権力者アピール」をするようなもんなんですかね。

いつの時代も人気を集めるのは大変な苦労が要るものです。

 


【第4部】南朝のその後

 


12 鎌倉府と「南朝方」の対立関係は、本当にあったのか?(石橋一展さん)
13 「征西将軍府」は、独立王国を目指していたのか?(三浦龍昭さん)
14 「後南朝」の再興運動を利用した勢力とは?(久保木圭一さん)
15 戦前の南北朝時代研究と皇国史観(生駒哲郎さん)


12は実に室町幕府的です。

南朝との争いに決着がついてくると、今度は所領を与えすぎた各地の
有力武家がウザくなってきます。
そいつらに「お前、実は南朝方らしいな」と因縁をつけて鎌倉府が
襲いかかって所領を没収しちゃうのです。

これぞ室町幕府
これぞ関東統治。

おおこわいこわい。


13はときどき話題に上がるやつですね。

懐良親王の征西将軍府、実は南朝との関わりは薄く、独自に明に朝貢したりして、
ひとつの独立した「九州国家」だったんじゃねーか説です。

結論は断じておられませんが、南朝自体が弱ってくる中で
南朝の一角という面と九州独立国家という面の両方があったのかもしれませんね。

ちなみに、この征西将軍府を滅ぼした今川了俊さんは今川義元さんのご先祖ですよ。

その他、ものすごくマイナーな南朝方のヒーロー「五条頼元」さんが
取り上げられていて嬉しかったです。


14は後南朝の活動について大変分かり易くまとめて頂いております。

後南朝……伝奇的。超ロマン。個人的には惹かれてやまない方々です。
実態は2部の5同様、各地の反幕府勢力に担がれる気の毒な方々ですが……。

三種の神器強奪事件で赤松氏の興亡にも密接に絡みますし、
地味に応仁の乱にも参加していたりしますし。
室町時代の歴史においては欠かせないバイプレイヤーです。
戦国時代くらいまでは、後南朝の脅威は記憶に新しかったんじゃないすかね。

 

15は……南朝研究の歴史を分かり易く纏めてはるのですが。
戦前を中心とした研究者の発言・記述を正確に紹介されているため、
めっちゃくちゃアクが強いです。

最後の章になりますが、この章を読む際は気合を入れ直して、
リテラシー力を高めて……読むことをおすすめいたします。
それほどに過ぎ去りし方々のお言葉はアクが強いのです。

足利尊氏は人間的にすぐれた人物だ、と書いたばかりに大臣を棒にふった人がいる」中島久万吉 - Wikipedia

「足利の下についてゐるのはカスばかりであります」

「豚に歴史がありますか」

…………。
このパワーワードの数々よ。

気軽に南北朝を語れる現代は幸せな時代です。

 

 


以上です。

またしても、やたら長い記事になってしまいました。
書いている私も疲れますけど、読んでくださっている方々にも
ご負担をおかけしていると思います。

すみません。


一言で言えば面白い本ですので興味がありましたらどうぞ。

 

南朝関係の史料がもっと発掘されますように。
そうして、太平記時代をネタにした創作が増えて人気が出ますように。

 

 

 

週刊ダイヤモンドの特集「不動産投資の甘い罠」

 

 

今週の週刊ダイヤモンドの特集、「不動産投資の甘い罠」にかんたんしました。

 

dw.diamond.ne.jp

 


以前も日経の記事を取り上げたことがありますが、
私はアパート融資問題(どう考えても要らんアパート建て過ぎ問題)に
関心を持っております。

 

「アパート融資問題と高齢者の商取引問題」日経新聞 アパート融資で利益相反か 建築業者から顧客紹介料 - 肝胆ブログ

 


もうずうっと前から地方部では問題視されていましたところ、
クローズアップ現代で取り上げられたあたりからマスコミ媒体でも
頻繁に取り上げられるようになってまいりました。

最近だとビッグコミックで「正直不動産」というこの件を取り上げた
漫画の連載が始まりましたし。

 

 

このダイヤモンドでも、

「これ、すごいですよね。全て大東建託の賃貸アパートです。全部で200戸近くあるんじゃないですか」。(中略)これぞまさに、地元住民から、“大東建託村”と呼ばれている場所に他ならない。

バラ色収支計画は絵に描いた餅? 集団訴訟に揺れるレオパレス

土地ごと買わせるシノケンのアパート経営 1億投じて月5万円の利益!

などなど、具体企業名を挙げながらこのビジネス界隈を全方位的に叩いております。

 

どうやら、いよいよ「叩いてもOK!」な報道関係者合意が醸成されているようですね。

お年寄りは各社の大企業看板を当てにして契約しているところもありますから、
マスコミ報道が増えてくると営業上のダメージが大きいと思います。



ダイヤモンドらしく、編集部独自の試算・シミュレーションを駆使して
「ちょっとでも家賃が下がれば赤字」(普通は家賃下がるよね)という
検証をされております。

数値や数式の妥当性は議論があると思いますが、私の知る範囲でも
「まったく相続税対策にならなかった」「10部屋のアパートが2部屋しか埋まらず」
「●●不動産の人が村社会と会社の板挟みになって自●した※」みたいな噂を
ちらちら聞きますので、上手くいってない人は一定数いるのでしょう。


 ※真相は村社会による自力救済……私刑での死刑とかだったらやだなあ。
  金田一くん的謎は全て解けた系の。
  いや、そんな訳ないよね。ないない。

 

 

不動産に限らずですけど……

2008年にリーマンショックってあったじゃないですか。
いまは2017年じゃないですか。

リーマン後の底値で不動産や株や投信を仕込んだ人って、
計算上はこの10年のリターンがものすごく高くなるんですよね。
リーマン暴落からの回復効果が入っちゃうんで。

リーマン底値効果抜きで高いリターンを上げているのか、
リーマン底値効果という上げ底で化粧されているのか、
その辺を見極めることが地味に大切なんですけど。

パンフとかセミナーで「ぼくこの10年でこんなけリターン出しました!」
(嘘ではない)とアピールされると、「そっか、私もできるかも……」と
勘違いしちゃう人が多いんですよね……。

極端な例だと、リーマン直後にネタを仕込んで大儲けした人が、
近頃はピュアな資産運用ではなかなかよいリターンを得られなくなってきて、
代わりにセミナーで素人だましてうんこ物件売りつけて大儲けしたろ……的な……。

アパート経営に失敗しようが自己責任が基本だと思いますから、
よくよく数字の中身は確認しましょう。


このダイヤモンドでも紹介されていますが、
独身女性とかがマンション投資を始める事例も多いです。

場合によっては借金までして。

本当によく考えましょうね。
あとから「騙された!」「知らなかった!」って言っても遅いですよ。

 

株とか投信のような金融商品と違って、不動産はモノが残りますから……

空き家問題、変な人入居問題のような副次的問題も出てまいります。

空室にしているくらいなら、不審な人たちに貸す方がマシや! ていう
大家さんも出てきますよね。
それで地域の治安が悪くなろうが知ったこっちゃないわ! 的に。

 

不動産投資は本来世のため人のためになる立派な資産運用なんですから、
ちゃんと調べて考えて、有り金全部突っ込まずにバランスのよい
運用ポートフォリオを組んで……というスタンスが大事だと思います。

後は、リーマンではないですけど安い時に買って高い時に売る、
高い時ほどセミナーや勧誘が増えますけど無視! という基本を忘れず……。

 

 


こうやってアパート建築がガンガンに叩かれるようになってくると、
銀行さんも大変です。

当特集でもスルガ銀行さんが名指しで突っ込まれています。
有名な話ですから抵抗なく名指ししてるんでしょうけど。


不動産融資で安易に稼ぐな。
投信や保険の手数料で稼ぐな。
株や外債でのリスク高い運用で稼ぐな。
カードローンなんてサラ金の真似事なんぞもっての外。


銀行業界がこの10年で編みだしてきた収益獲得スキームが、
この1-2年で何もかも全否定されてしまっています

どうせいと。


「潜在力ある地元中小企業を目利きして昔ながらの融資で稼げ」


できるかーいていう気持ちなんでしょうね。


個人的には、あと30年くらいしたらAIとロボットがガッチリ普及して
大企業がそもそも従業員をほとんど雇わなくなって、
一方で大企業はコンプラリスク負わされまくって収益効率が悪くなって、
更に一方では後継者不足で個人商店や中小企業がいっぱい消え去って、
「あれ? 自分で起業した方が儲かるんじゃね?」という時代が
くるかもしれないと思っております。

この「不動産投資の甘い罠」にしても、でかい会社は名指しで叩けますが、
ブローカー的に暗躍している小規模業者は追いかけられないですもんね。


皆が起業しまくる時代がくるまで、頑張って辛抱して生き残れ、という
お達しなのでしょうか。

うーむ、難易度高い。

 

 


他の記事の中では、

最強の“上がりポジション”日本企業を腐らせる相談役(P113)

というコラムが面白かったです。


大企業サラリーマンの飲み会ネタになりそうですね。


千年続く日本の院政文化をグローバルコーポレートガバナンス
打倒することができるのか!?

これはこれで一種の歴史小説的面白さがあると思います。
一方的に「こっちが絶対に大正義」と言えるもんでもないとは思いますけど。

 

 

 

以上、今週の週刊ダイヤモンドの感想でした……


あ、それと、

シンガポールは安全? 政府報告書ににじむテロ脅威への切迫感(P22)

も気になります。


言われてみればありそうな、狙われそうな国ですもんね。
テロが起こったらシンガポールだけでなく、世界中に影響が広がると思います。
いやだいやだ。

 


日本も含めた各国経済が健やかに成長していきますように。

 

 

「昆虫の森 カブトVSクワガタ最強バトルのヘラクレスリッキー」タカラトミーアーツ

 

タカラトミーアーツ社の昆虫の森シリーズ、カブトVSクワガタ最強バトルの
ヘラクレスリッキーが異常にリアルでかんたんしました。

 

サイト内検索 | タカラトミーアーツ

(カブトVSクワガタ最強バトルはなぜかオフィシャルHPにありませんでした)

 

 

私、けっして虫好きではありません。

むしろ苦手な方です。

 

じゃあ買うなよというところですが……

 

以下、虫画像注意です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商品画像。

f:id:trillion-3934p:20170621005201j:plain

 

これつくりものですからね。本物じゃないですよ。
ポリ塩化ビニルの照り・質感が非常に虫っぽくてリアルです。
よくできてる……(ちょっと怖い)

 

 

 

羽を開いたところ。

f:id:trillion-3934p:20170621005345j:plain

 

嫌なことに羽や足やアゴが可動式なのです。
わさわさ、わさわさ……(だいぶ怖い)

 

 

 

裏返したところ。

f:id:trillion-3934p:20170621005637j:plain

 

脚が、脚が……(ゴキ●リっぽい。もうほんときつい)

 

 

 

サイズは恐竜戦車と同じくらいです。

f:id:trillion-3934p:20170621005911j:plain


むしろ恐竜戦車さんが怯んでいるように見えます。

 

 

こんなにリアルだとは思わなかった……。

この商品、400円です。
ガム付の食玩で、軽い気持ちで買い与えたのです。

 

※なお、「この箱に入っているのは何番のこの虫です」と表示されて
 いますので、コレクター的には嬉しい仕様だと思います。

 

 

開封刹那、固まる大人たち……。
一方で、おめめキラッキラで喜ぶちびっ子たち……。

 

まだカブトムシだから理性を保っていられますけど、
これでムカデとかだったら泣き叫ぶ人続出だと思います。

 

職人さん、いい仕事しすぎです!
決してキュウレンジャー食玩にすればよかったとか思ってません!

 

 

……いつか、この技術を使ってバルタン星人やアントラーが販売されますように。