肝胆ブログ

かんたんにかんたんします。

大相撲2023初場所感想「霧馬山関をもっと褒めて」

大相撲が2023年も元気に始まりまして、初場所の霧馬山関や琴ノ若関や阿武咲関の躍進にかんたんしていたのですがなぜか霧馬山関だけは相変わらずまったく話題にならないので不思議でなりません。 貴景勝関が久しぶりに優勝して番付秩序の重みを示してくださっ…

「じゃりン子チエ 文庫版33巻 感想 集合絵が終わりの近さを感じさせて寂しい」はるき悦巳先生(双葉文庫)

じゃりン子チエ文庫版33巻、カバー絵の集合絵がいよいよ最終回が近づいていることを実感させてくれて寂しくなりました。 かんたんしながら読み進めてきただけに終わりが見えてくると切ないですね。 www.futabasha.co.jp このカバー絵、見返しにサッちゃんや…

短編小説「松山新介重治 一万貫の夢 あとがき」

あらためてあけましておめでとうございます。 皆々様に今年もよいことがありますように。 短編小説「松山新介重治 一万貫の夢 1/5 松山新介 屋根を往く」 - 肝胆ブログ 短編小説「松山新介重治 一万貫の夢 2/5 鯰江又一郎 馬上を往く」 - 肝胆ブログ 短編小…

短編小説「松山新介重治 一万貫の夢 5/5 三好長逸 うたかたを往く」

短編小説「松山新介重治 一万貫の夢 1/5 松山新介 屋根を往く」 - 肝胆ブログ 短編小説「松山新介重治 一万貫の夢 2/5 鯰江又一郎 馬上を往く」 - 肝胆ブログ 短編小説「松山新介重治 一万貫の夢 3/5 松山新介 思い出を往く」 - 肝胆ブログ 短編小説「松山新…

短編小説「松山新介重治 一万貫の夢 4/5 井の内の蛙 大海を往く」

短編小説「松山新介重治 一万貫の夢 1/5 松山新介 屋根を往く」 - 肝胆ブログ 短編小説「松山新介重治 一万貫の夢 2/5 鯰江又一郎 馬上を往く」 - 肝胆ブログ 短編小説「松山新介重治 一万貫の夢 3/5 松山新介 思い出を往く」 - 肝胆ブログ 短編小説「松山新…

短編小説「松山新介重治 一万貫の夢 3/5 松山新介 思い出を往く」

短編小説「松山新介重治 一万貫の夢 1/5 松山新介 屋根を往く」 - 肝胆ブログ 短編小説「松山新介重治 一万貫の夢 2/5 鯰江又一郎 馬上を往く」 - 肝胆ブログ 短編小説「松山新介重治 一万貫の夢 4/5 井の内の蛙 大海を往く」 - 肝胆ブログ 短編小説「松山新…

短編小説「松山新介重治 一万貫の夢 2/5 鯰江又一郎 馬上を往く」

短編小説「松山新介重治 一万貫の夢 1/5 松山新介 屋根を往く」 - 肝胆ブログ 短編小説「松山新介重治 一万貫の夢 3/5 松山新介 思い出を往く」 - 肝胆ブログ 短編小説「松山新介重治 一万貫の夢 4/5 井の内の蛙 大海を往く」 - 肝胆ブログ 短編小説「松山新…

短編小説「松山新介重治 一万貫の夢 1/5 松山新介 屋根を往く」

※以下、自作の創作小説となりますのでご留意ください。 短編小説「松山新介重治 一万貫の夢 2/5 鯰江又一郎 馬上を往く」 - 肝胆ブログ 短編小説「松山新介重治 一万貫の夢 3/5 松山新介 思い出を往く」 - 肝胆ブログ 短編小説「松山新介重治 一万貫の夢 4/5…

信長の野望20XX「星5三好長慶登場」

あけましておめでとうございます。 信長の野望20XX、正月早々に星5の三好長慶さんが実装されてかんたんしました。 北条早雲さんや木沢長政さんに続くお正月サプライズですね。 お正月サプライズに木沢長政さんや三好長慶さんが実装されるゲームって正気を疑…

「戦国時代の流行歌 高三隆達の世界 感想 いい本なのに売ってない」小野恭靖さん(中公新書)

堺が誇る戦国時代の文化人「高三隆達」さんを軸に戦国時代の流行歌を紹介していただける本が良著でかんたんしたのですが、なぜか出版元の中公新書HPには紹介ページすらなく、amazon等各種通販サイトでもほとんど在庫切れで惜しいなあと思います。 戦国時代の…

「怪盗くいしん坊 感想 ビッグ錠先生の絵はスプーンづかいがいいよね」ぶんか社

令和4年の年の暮れにビッグ錠先生の食漫画の新刊が発売されるという信じがたい事件が起きていてかんたんしました。 www.bunkasha.co.jp ビッグ錠の最新コミックスが登場! 料理上手なドロボウ・コングが活躍する「快盗くいしん坊」のほか、名作「スーパーく…

「知ってるつもり 無知の科学 感想 コミュ力やっぱり大事……」スティーブン・スローマン&フィリップ・ファーンバック / 訳:土方奈美(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

認知科学者のお二人が書いた人間の知識の傾向をテーマにした書籍が知的好奇心をくすぐる内容でかんたんしました。 年の瀬にまじめな本を読むといい年だった感が出ていいものですね。 www.hayakawa-online.co.jp 自転車や水洗トイレの仕組みを説明できると思…

「帰って来たどらン猫2上下 感想 小鉄とジュニアの灘・有馬? 編」はるき悦巳先生(双葉文庫)

じゃりン子チエのスピンオフ猫漫画「どらン猫」シリーズ、今回は関西人におなじみの灘・有馬を舞台にした快作でかんたんしました。 www.futabasha.co.jp www.futabasha.co.jp 「ジュニアが帰って来ん! きっとまた小鉄のせいや!」いつものように大騒ぎの百…

信長の野望20XX「レベル120・クラスチェンジ“己”の実装」

信長の野望20XX、レベル120・クラスチェンジ「己」が実装されてかんたんしました。 ストーリーを楽しむだけであれば敵の強さがそんなにインフレしているゲームではないと思いますので、趣味的にお金をかけてこだわりたい人はどうぞという感じなんでしょうか…

小学館版学習まんが「日本の歴史8 戦国大名と織豊政権 感想 畿内・三好描写の充実に慄く」

有名な歴史漫画「小学館 学習まんが 日本の歴史」がさいきんリニューアルされたと聞きましたので、パラリと戦国時代の目次を見てみたら“第2章第3節 「天下」への道~三好長慶の躍進~”という信じがたいチャプターが混じっていてかんたんしました。 たいへん…

月風魔伝「GetsuFumaDen:Undying Moon 攻略した感想 ※v1.1.1時点。面白いので追加アップデート求む」

コナミから唐突にリブートされた月風魔伝「GetsuFumaDen:Undying Moon」をプレイしたみたところ、良質なアクション、ローグライクという触れ込みですが個人的には往年のシューティングゲームのような手触り感がめっぽう楽しくてかんたんしました。 www.konam…

大相撲2022九州場所感想「相撲戦国時代の乱世は続く」

年を締める大相撲九州場所。 白鵬関の引退や照ノ富士関の膝悪化を受け、番付秩序が崩壊した、平幕優勝が続く相撲戦国時代の到来だと言われて久しいですが、2023年を迎えるにあたって次世代の台頭もまだまだ見通しきれない混沌っぷりにかんたんしてしまいます…

三重県津市美杉町「北畠神社・霧山城 細川高国作の庭園が見事」

三重県の山深いところにある北畠神社・霧山城へ遂に行くことができまして、そこで拝見した北畠氏館跡庭園(伝:細川高国作庭)が見事すぎてかんたんしました。 おりしも季節は晩秋。 色づく紅葉が散り始めた景の中、 北畠氏の南北朝期・戦国期それぞれの晩秋…

「水軍と海賊の戦国史 感想」小川雄さん(平凡社)

平凡社の「水軍と海賊の戦国史」が非常に面白くて、もっと早く読んでおけばよかったなあとかんたんしました。 三好家や大内家・毛利家、織田家・豊臣家・徳川家等々、水軍を擁した大名は数多いので幅広い戦国時代ファンにおすすめですよ。 www.heibonsha.co.…

「葉山嘉樹短篇集 感想 プロレタリアというより悲惨な庶民文学という印象」葉山嘉樹さん(岩波文庫)

漫画太郎先生の蟹工船がめちゃくちゃ面白くてかんたんしたので、最近読んでかんたんしたプロレタリア小説「葉山嘉樹短篇集」の感想を。 www.iwanami.co.jp shonenjumpplus.com 葉山嘉樹さんは初期プロレタリア文学を代表する方ということで名前だけは知って…

「大阪府 秋の三好祭 感想(大東市、高槻市、堺市)」

三好長慶さん生誕500年……ということで、気がつけば大阪府で3つも三好長慶さんの展示が催されていてかんたんいたしました。 意を決して3地点をいっぺんに回ってみましたが、3地点制覇なんてロマサガ/ミンサガ以来の挑戦で楽しかったですわ。 大東市立歴史民…

映画「拳銃魔 感想 テンポが良い、悪女セリフが良い」ジョセフ・H・ルイス監督

1950年のアメリカ映画「拳銃魔」、主人公が悪女に諭されてテンポよく闇落ちしていきテンポよく犯罪を重ねテンポよく追い詰められていく様が非常に見ていて趣深くかんたんしました。 以下、ネタバレを含みますのでご留意ください。 「拳銃魔」は、銃が得意だ…

ファミコン「月風魔伝 久々攻略の感想」

ファミコン時代のコナミの名作「月風魔伝」を久しぶりにプレイしてみましたところ、当時最高峰のBGMやグラフィックに浸ることができてかんたんしました。 Steamでリブート月風魔伝を買ったら、セットでついてきましたの。 先にファミコン版の方をクリアして…

信長の野望20XX「生駒吉乃の追憶 感想 信長のネオロマンス20XX」

信長の野望20XX、開催中のイベント「生駒吉乃の追憶」を見て、はじめは「ああ、生駒家の菩提寺の存続が話題になっていたもんな」くらいの気持ちで読んでいたのですが、読み進めると隠しきれない乙女ゲーの匂いにかんたんさせられました。 ↓イベントのリリー…

「じゃりン子チエ 文庫版32巻 感想 百合根の禁酒、チエちゃんの仇討ち」

じゃりン子チエの文庫版32巻、ギャグが豊富でケラケラ笑えるイイ感じの巻なんですが、その中で久しぶりにシリアスな面を見せたチエちゃんが男前すぎてかんたんしました。 www.futabasha.co.jp 当巻に収められているお話は次の通りです。 建て直しはどこ…? …

信長の野望・新生「勢力別のイベント数」

信長の野望・新生、「三好家や足利家のイベントがえらい増えててめでたいな」と感じまして、せっかくなので勢力別のイベント数を数えてみましたら、実際かなり多いことが分かってかんたんしました。 信長の野望・新生「三好家・畿内イベント感想1/2 永禄の和…

信長の野望・新生「1618年群雄繚乱 北条家攻略の感想 所領経営の妙(上位集落200個)の道は遠い」

さいきんの信長の野望シリーズ恒例の全員集合シナリオ「群雄繚乱」。 いつもと同様、難易度はそんなに難しくはないものの、全員集合そのものが持つ楽しさ・お祭り感を満喫することができてかんたんしました。 信長の野望はキャラゲーの面が大きいので、武将…

信長の野望・新生「三好家・畿内イベント感想2/2 三好家崩壊・松永久秀の最期」

信長の野望・新生の三好家・畿内界隈イベントの充実っぷりにかんたんした続きです。 信長の野望・新生「三好家・畿内イベント感想1/2 永禄の和睦・平穏期まで」 - 肝胆ブログ 信長の野望・新生の「能力値合計の順位」と「三好・畿内・相馬家」 - 肝胆ブログ …

信長の野望・新生「三好家・畿内イベント感想1/2 永禄の和睦・平穏期まで」

信長の野望・新生、イベント面では三好家・畿内界隈が優遇されまくっていて、全勢力の中でも織田家・武田家に次ぐんちゃうかというくらいのボリュームでかんたんしました。 2022.10.13追記:すみません、少し盛ってました。 信長の野望・新生「勢力別のイベ…

小説「われは鬼なり 十河一存伝 感想」三日木人さん(郁朋社)

十河一存さん初の歴史小説「われは鬼なり 十河一存伝」が三日木人さんの三好三部作ラスト作品として発売されていまして、個人的には三部作のなかで圧倒的に一番面白くてかんたんしました。 小説「新三好長慶伝 龍は天道をゆく 感想」三日木人さん(幻冬舎MC…