肝胆ブログ

かんたんにかんたんします。

小説「われは鬼なり 十河一存伝 感想」三日木人さん(郁朋社)

十河一存さん初の歴史小説「われは鬼なり 十河一存伝」が三日木人さんの三好三部作ラスト作品として発売されていまして、個人的には三部作のなかで圧倒的に一番面白くてかんたんしました。 小説「新三好長慶伝 龍は天道をゆく 感想」三日木人さん(幻冬舎MC…

大相撲2022秋場所感想「玉鷲関の優勝に皆笑顔、でも若手も着実に力をつけている」

大相撲2022年の秋場所、玉鷲関かな、高安関かな、どっちが優勝してもスゲェ嬉しいなと思いながら千秋楽まで引っ張っていただきまして誠にかんたんしました。 上位陣どうこうの話題はともかく、昔よりも30代の力士が息長く活躍いただいているおかげで、結果と…

信長の野望・新生「1584年小牧長久手の戦い 羽柴家攻略の感想 長宗我部家の150年越しリベンジ」

信長の野望・新生の特典シナリオ「小牧長久手の戦い」。 PK前にもかかわらず羽柴秀吉さんの駆け上がりイベントが多数収録されているようなので挑戦してみましたが、残念ながら四国征伐までしか達成できず、九州征伐や小田原評定の達成が難しすぎてかんたんし…

信長の野望・新生「1582年夢幻の如く 信長生存仮想イベント後の攻略 三好咲岩(康長)無双」

信長の野望・新生、本能寺の変シナリオまでくると織田家・豊臣家だと消化試合になるし他の勢力でやると時間めっちゃかかるしどうしようかなと思っていたら、信長さんが生存する仮想イベントが実装されていたので見てみるかとプレイしてみましたところ三好咲…

評伝「世阿弥 感想 大衆性と芸術性、一過性と永遠性」北川忠彦さん(講談社学術文庫)

講談社学術文庫で復刊された「世阿弥」評伝を読んでみましたところ、単純な世阿弥さんアゲにとどまらない、同時代の政界・芸能界動向や世阿弥作品の批評・他の能作家作品との比較等々の多角的な視点で実像を解きほぐす内容になっていてかんたんしました。 bo…

信長の野望・新生「1575年長篠設楽原の戦い 徳川家攻略の感想 信長さんマジいい人」

信長の野望・新生。 信長の野望シリーズの後半シナリオはどの地方も大勢力化が進んでいるので戦が長期化したりして面倒な面もあるのですが、1575年の徳川家はほどよい難易度とほどよい達成感を味わえてかんたんしました。 信長の野望・新生「1546年信長元服 …

「遺留捜査(2022)第5話 感想 会社の資金と個人情報、(無断で)お借りします!」テレ朝

NHKの全ウルトラマン大投票にかんたんした流れで遺留捜査(2022)第5話を観てみたら想像以上のウルトラマンオーブオマージュっぷりに腰の力が抜けるくらいかんたんしました。なんちゅうドラマをつくってくれたんや…なんちゅうもんを…。 www.tv-asahi.co.jp …

「帰って来たどらン猫(じゃりン子チエスピンオフ) 感想」はるき悦巳先生(双葉文庫)

じゃりン子チエのスピンオフ漫画「帰って来たどらン猫」が昭和の任侠映画&人情映画的コミックとしてパーフェクトな出来栄えでかんたんしました。 はるき悦巳先生の脚本・構成力は本当に素晴らしいと思う。 www.futabasha.co.jp 「じゃりン子チエ番外篇 どら…

三重県名張市「赤目四十八滝 感想 百地三太夫さんがつい居ついてしまうのも分かる美しさ」

最近南紀・三重方面の散策を強化していますので、行ったことのなかった赤目四十八滝を体験してかんたんしてきました。 www.akame48taki.com 近鉄特急が止まることで知られている三重県名張市。 関西東部、近鉄支配圏にゆかりのある方にはなじみ深い街ですね…

信長の野望・新生「1570年信長包囲網 織田家攻略の感想 信長さんの愛され包囲網」

信長の野望・新生。 従来作でも忙しいことに定評のある信長包囲網シナリオの織田信長さん、忙しい新生ならなお忙し楽しいだろうと思ってプレイしたら、楽だわ強いわイベント多いわ従属先から愛されまくってるみたいな情景を見れるわでかんたんしました。 信…

三重県東紀州「ウミガメ公園 、花の窟神社、丸山千枚田、赤木城、鬼ヶ城」

南紀から三重県の東紀州方面に移動しまして、かんたんし続けました。 やはりこの地方は見るもの触るものどれも珍しくて、旅していて楽しいですね。 和歌山県新宮市「新宮城、阿須賀神社、神倉神社、熊野速玉大社、めはりずし」 - 肝胆ブログ umigamekouen.co…

和歌山県新宮市「新宮城、阿須賀神社、神倉神社、熊野速玉大社、めはりずし」

久しぶりに南紀へ行きまして、どしゃ降りのなか新宮を散歩していたらかえって幽玄な雰囲気を味わうことができてかんたんしました。 熊野界隈の古代的な空気感って、あらがえないような不思議な魅力がありますよね。 三重県東紀州「ウミガメ公園 、花の窟神社…

信長の野望・新生「登録武将の設定って悩むよね(三好・畿内近国に10人追加)」

信長の野望・新生、スタートメニュー画面のBGMがめちゃくちゃ良くてかんたんしていまして、ついついゲームを開始せずに史実武将の能力を眺めたり登録武将をつくったりしてしまいますね。 スタートメニューのBGMをこんなに気に入ったのは、私のなかでは革新の…

信長の野望・新生「1560年桶狭間の戦い 今川家攻略の感想 義元の上洛を煽る松平元康イベントが最高」

信長の野望・新生。 三好家、大友家とクリアしましたので、引続き「戦国時代に良いところまでいったんだけど……」な家でプレイしてみようと、1560年の今川家でプレイしてみることにしました。 したら、桶狭間フラグ回避後に仮想イベント「義元、上洛へ」が発…

信長の野望・新生「1553年尾張統一 大友家攻略の感想 全勢力従属エンド、畿内制覇は不要なんですね」

信長の野望・新生、大友家が楽しそうなのでセカンドプレイに選んでみましたら実際楽しくてかんたんしました。 東の北条家が目立ちがちですが、今作、自分で使う分には大友家や毛利家がそうとう強い感じがいたしますね。 信長の野望・新生「1546年信長元服 三…

肝胆ブログについて④

こんちきちん。 当ブログの記事がこれで800件になりました。 2017年2月から始めたブログですので、かれこれ5年半くらい続いていますね。 現在のアクセス数はこんな感じです。 直近、信長の野望・新生が発売された関係で、アクセス数が急増していますね。 日…

小説「不如帰 感想 下編が好き」徳富蘆花さん(青空文庫)

青空文庫で徳富蘆花さんの「不如帰(ふじょき、あるいはほととぎす)」を初めて読んだところ、個人的にとても好きなタイプの夫婦の悲恋ものでかんたんしまして、明治期・日清戦争前後独特の社会情勢描写と相まって感じ入りました。 好きあっている夫婦がずっ…

「じゃりン子チエ 文庫版31巻 感想 死を恐怖するテツ」はるき悦巳先生(双葉文庫)

じゃりン子チエの文庫版31巻。 これだけの長期連載を経て、数々の修羅場をくぐり抜けてきたテツが初めて「死の恐怖」に身を震わせるほどのピンチに見舞われていてかんたんしました。 www.futabasha.co.jp 表紙はマジメに死を恐れるテツ。 以下、ネタバレを含…

信長の野望・新生「1546年信長元服 三好家攻略の感想 城下方針は忘れず設定しよう」

信長の野望・新生、腰兵糧の制限や敵AIの油断ならなさ等々の影響で、一回のシナリオクリアまでにけっこうな時間がかかるなあと思いつつ、やることの多さ、急かされる機会の多さがなかなか面白くてかんたんしました。 とりあえず、一番古い時代の1546年シナリ…

大相撲2022名古屋場所感想「観客を襲うコロナ休場とご当所力士不調」

年に1度の名古屋場所。 せっかくお金を払って観戦に行っているのにコロナ禍でめちゃくちゃ休場者が出るわ遠藤関や志摩ノ海関やらの(準)ご当所力士はそろって不調だわで、観客方的には歴史に残るほど「マジか」感のある場所になりまして、かえっていい思い…

土用の丑の日に「そじ坊のうな重定食 税込2150円」

今年の夏は土用の丑の日が7月と8月の2回ありますが、諸物価高騰かつコロナ禍のなかで混雑しているうなぎ専門店に行くのもなあと思っていたところ、私たちには「そじ坊」があったじゃないかということに思い至りかんたんしました。 www.gourmet-kineya.co.jp …

信長の野望・新生の「能力値合計の順位」と「三好・畿内・相馬家」

信長の野望・新生が発売されまして先ほどダウンロードしてみたところ、三好家や畿内界隈はまったく再評価されていなくてまあそんなもんだよなと受け止めつつ、なぜか相馬家の政治力がやたら増えていたりしてかんたんしました。 www.gamecity.ne.jp ゲームは…

「じゃりン子チエ 文庫版30巻 感想 幸せのカルメラ」はるき悦巳先生(双葉文庫)

じゃりン子チエの文庫版30巻、このたびはカルメラ兄弟が人生のひとつの節目を迎えることになりまして、長期連載漫画としてもひとつの節目を迎えたような感じがしてかんたんいたしました。 リアルタイムでぜんぶ読んでいたらいっそう感慨深かっただろうなあ。…

「Child of Light 攻略した感想」Ubisoft(Steam)

Bloodstainedとコラボしていた「Child of Light」をプレイしてみたところ、西洋の絵本やおとぎ話やムーミンのセンスに通じるような柔らかい女性的世界観に浸れることができてかんたんしました。 store.steampowered.com ジャンルとしてはRPGになります。 ア…

「Another Gene(アナザージーン) 感想 続編を切に願う」脚本:足木淳一郎さん / 作画:Gurihiru(ツブラヤイマジネーション)

ツブラヤイマジネーションで待望のオリジナルコミック「Another Gene(アナザージーン)」が公開されていてかんたんしました。 これは読切で終わらせずに続編や映像化等の展開をこいねがいたいですね本当に。 imagination.m-78.jp 以下、Another Geneのネタ…

駅弁「必勝出陣弁当 感想 イロモノの皮をかぶった本格派」JR東海パッセンジャーズ

JR名古屋駅で売っている駅弁「必勝出陣弁当」が、ハイハイ外国人観光客向けの色物っすね的なパッと見からの中高齢者大好き味の本気っぷりにかんたんしました。 www.jr-cp.co.jp オフィシャルHPからの画像を引用いたしますが。 外観はこちら。 控えめな「Vict…

「ウルトラマンは関節技に弱いのではないか……内山まもるさんザ・ウルトラマン単行本初収録選を読んでふと思った」

内山まもるさんの「ザ・ウルトラマン単行本初収録&傑作選 上下」が発売されてかんたんしながら読み進めていましたら、帰ってきたウルトラマン(ジャック)のレア技「ウルトラダブル」が御披露されていまして。 www.shogakukan-cr.co.jp www.shogakukan-cr.c…

「白バラ生乳ヨーグルトがおいしいとおすすめしたい」大山乳業農業協同組合

もともとヨーグルトを愛しているところ、さいきんは鳥取県の「白バラ生乳ヨーグルト」のクセのないおいしさにかんたんしています。 dainyu.or.jp cowyshop.jp ※画像はオフィシャルHPから引用 白バラ生乳ヨーグルト4個入は鳥取県内産生乳94%と砂糖を原料とし…

絵物語「陰陽師 瘤取り晴明 感想 源博雅無双」文:夢枕獏さん / 絵:村上豊さん(文春文庫)

陰陽師シリーズの絵物語「瘤取り晴明」を読みましたら、昔話の瘤取り爺さんアレンジで面白いなあと思っていたところに終盤はひたすらの源博雅さんの笛が無双していてかんたんしました。 このシリーズの源博雅さん、もはや存在がデウスエクスマキナ過ぎて尊い…

「サカナとヤクザ 感想」鈴木智彦さん(小学館文庫)

密漁の実態にせまるルポルタージュ本として話題になっていた「サカナとヤクザ」を読んでみましたところ、幅広い視点や魚種で渾身の取材を続けられたことが伝わってくる文章で実に読みごたえがあり、かんたんいたしました。 www.shogakukan.co.jp 食べてるあ…