肝胆ブログ

かんたんにかんたんします。

「エンダーリリーズ 攻略した感想④ 白巫女の歴史、穢れの王の考察」(Binary Haze Interactive)

「ENDER LILIES QUIETUS OF THE KNIGHTS(エンダーリリーズ、あるいはエンダーリリィズ)」が面白すぎてかんたんしたので、物語の舞台に起こった歴史を色々考察してみました。 大きくは自分用のメモです。 ゲーム内で明言されている内容は黒字、私の勝手考察…

「エンダーリリーズ 攻略した感想③ NG+ 敵が強くてニューゲーム」(Binary Haze Interactive)

「ENDER LILIES QUIETUS OF THE KNIGHTS(エンダーリリーズ、あるいはエンダーリリィズ)」が面白すぎてかんたんしたので、高難易度周回のNG+モードを、更に敵の攻撃力を2倍にしてプレイしてみました。 「エンダーリリーズ 攻略した感想、およびユリウス・王…

「善の研究 感想」西田幾多郎さん(岩波文庫)

西田幾多郎さんの「善の研究」を読んでみましたら、めちゃくちゃ難しくて笑いましたが書いてある内容は善意が溢れていてかんたんしました。 www.iwanami.co.jp 真の実在とは何か,善とは何か,宗教とは,神とは何か――.主観と客観が分かたれる前の「純粋経験…

小説感想「戦国バディーーーーズ!! ~三好長慶と松永久秀、たった二人から始める復讐と天下制覇の物語~」既読さん(小説家になろう)

あけましておめでとうございます。 みなさま本年もよろしくお願いいたします。 今年は三好長慶生誕500周年ですね。 年末年始に関係情報を検索していたら、三好長慶・松永久秀主従が主役、しかも面白さという点でも最新研究の反映という点でも素晴らしい小説…

「エンダーリリーズ 攻略した感想➁ 奥義、レリック、ウルヴイケメン説等」(Binary Haze Interactive)

「ENDER LILIES QUIETUS OF THE KNIGHTS(エンダーリリーズ、あるいはエンダーリリィズ)」が面白すぎてかんたんしたので、高難易度周回をもう1周、更に新規スタートで1周クリアしてみました。 「エンダーリリーズ 攻略した感想、およびユリウス・王の軽い考…

「呪われた部分 全般経済学試論*蕩尽 感想 溜めすぎは良くない、適度に出して世界平和」ジョルジュ・バタイユさん / 訳:酒井健さん(ちくま学芸文庫)

バタイユさんの経済? 書「呪われた部分」が、難解ながらも個性ある文章展開に読み惹かれ、なおかつ通常の哲学や経済学や各種オピニオンとはちょっと違った視点を与えてくれる楽しい内容で、かんたんしました。 バタイユさん、「エロい」ということしか知り…

小説「陰陽師 太極ノ巻 感想 職場恋愛的匂わせの凄み」夢枕獏さん(文春文庫)

小説「陰陽師 太極ノ巻」を読んでいましたら、安倍晴明さんの人前での源博雅さんへの態度が職場恋愛的匂わせ・逆匂わせに富み過ぎていて、凄みにかんたんしました。 books.bunshun.jp 以下、ネタバレはほとんど含みません。 「太極ノ巻」に収められているお…

「地獄たんてい織田信長 クラスメイトは戦国武将!? 感想」作:りょくち真太 / 絵:金林洋(角川つばさ文庫)

タイトルのアクが強い児童文学「地獄たんてい織田信長」がアクの強いギャグ&歴史小ネタがまんさいでかんたんしました。 歴史好きのパパママが子どもと一緒に読んであげるといいかもしれない。たぶん。 tsubasabunko.jp 内容としましては、 小学六年生の男の…

「じゃりン子チエ 文庫版23巻 感想 チエちゃん VS 米谷さん」はるき悦巳先生(双葉文庫)

じゃりン子チエの文庫版23巻、新キャラの小学生「米谷さん」がまことに傑物でございまして、彼女の存在がチエちゃんやアントニオジュニアやマサルのポテンシャルを更に引き出していてかんたんしました。 出木杉さん的な存在がレギュラーキャラの魅力を引き上…

漫画「大相撲令嬢~前世に相撲部だった私が捨て猫王子と はぁどすこいどすこい~ 感想 娯楽フォーマットの新時代を感じる」原作:川獺右端・村上ゆいち/漫画:影崎由那(EARTH STAR)

漫画「大相撲令嬢」が漫画の面白さと相撲の面白さを両立している快作で、もしかしたら今後相撲が娯楽フォーマットとして人気を博すこともできるんじゃないかと幻覚を見ることができてかんたんしました。 www.comic-earthstar.jp かんたんなあらすじとしては…

映画「悪魔が夜来る 感想 良い中世ファンタジー」マルセル・カルネ監督

フランス映画「悪魔が夜来る」を鑑賞してみましたら、日本人ウケしそうな中世ヨーロッパファンタジーな舞台で人間模様がしっかり描かれている作品でかんたんしました。 ↓映画の予告編 以下、あらすじレベルでお話を紹介します。 結末などの重大なネタバレは…

「心 いかに生きたらいいか 感想 および 薬師寺焼失と筒井順興・柳本賢治」高田好胤さん(徳間文庫)

昭和期に人気を博した薬師寺管主高田好胤さんのベストセラー「心」を取り寄せて読んでみたところ、当時の人気も納得の語り口、中身の充実っぷりにかんたんしました。 薬師寺の再建を成功に導いたというのもさもありなんという感じがいたします。 高田好胤さ…

「エンダーリリーズ 攻略した感想、およびユリウス・王の軽い考察」(Binary Haze Interactive)

2Dアクションゲーム「ENDER LILIES QUIETUS OF THE KNIGHTS(エンダーリリーズ、あるいはエンダーリリィズ)」が美麗画質、最高BGM、物語魅力、爽快操作、ドM難易度を兼ね備えた傑作でかんたんしました。 これで2,500円とは頭が下がる思いであります。 適正…

「天下一品Walker 感想 ナイスフォトグラフ」(KADOKAWA)

「天下一品Walker」という頭のキレたムック本が出版されていてかんたんしました。 収録されている「こってり」をはじめとした各メニューの写真が極上過ぎて、思わず天一に行ってしまいました……なんて危険な本なんだ。 tenkaippin-media.com 京都の某書店で平…

大相撲2021九州場所感想「デカい身体を正面でぶつけて受け止める横綱相撲」

2021年を締めくくる九州場所、一人横綱になった照ノ富士関のほれぼれするような横綱相撲っぷりにかんたんしました。 「受け止めて勝つ横綱相撲なんてかんたんに求めたらあかんでしょ、横綱だって人間なんだよ無理させたらだめよ」と日頃思ってはいるんですけ…

「東京深川三代目 感想」秋本治先生(集英社ジャンプリミックス)

コンビニで売っているジャンプリミックスシリーズで、秋本治先生の「東京深川三代目」が復刊されていてかんたんしました。 秋本治作品の中でも屈指の完成度を誇る超貴重作ですので、見かけたら即確保をおすすめしたいところであります。 集英社ジャンプリミ…

「足利義輝と三好一族 崩壊間際の室町幕府 感想」木下昌規さん(戎光祥出版)

木下昌規さんの「足利義輝と三好一族」が、足利義輝さんを巡る現段階の畿内戦国史考察をバランスよくまとめられていて、足利義輝さんの実像というか新たな魅力というか、一種の親近感を覚えるような内容でかんたんしました。 www.ebisukosyo.co.jp 〝将軍殺…

小説「耶律楚材 感想 スケール感と漢詩の良さ(、そして三好長慶)」陳舜臣さん(集英社文庫)

陳舜臣さんの小説「耶律楚材」を読んでみましたら、ユーラシア大陸を股にかけたりイスラム出身者等々多様な人々を受け入れたりするモンゴル帝国のスケール感、その中で活躍する耶律楚材さんのお志や契丹人兼中国文化出身者としての味わい等々、読み応えがあ…

「じゃりン子チエ 文庫版22巻 感想 アントニオ再び、からのおバァはん無双」はるき悦巳先生(双葉文庫)

じゃりン子チエ文庫版22巻。 アントニオの亡霊が再び復活したり悪徳業者とテツが戦うのかと思ったらおバァはんが無双したりテツはテツでヨシ江はんの言うことを素直に聞いてしまったり猫たちは今日も人間並みの行動をしていたりと、相変わらず見どころの多い…

信長の野望・蒼天録「苦労三昧攻略:1546年三好長慶」

信長の野望・蒼天録、ついに苦労三昧をクリアすることができてかんたんしました。 昔プレイしたときは配下の忠誠・友好度管理が面倒過ぎて途中でギブアップしたんですけれども、戦国時代の知識が増えたいまは「大名の仕事ってそういうもんだよね、大変だよね…

「三好一族――戦国最初の「天下人」 感想 マストバイ」天野忠幸さん(中公新書)

とうとう三好一族を題材とした新書が発売されてかんたんしました。 しかも凄まじいクオリティを携えて……! www.chuko.co.jp 阿波の守護細川氏に仕え、主家に従い畿内に進出した三好氏。 全盛期の当主長慶は有能な弟たちや重臣松永久秀と覇業に邁進し、主家を…

「じゃりン子チエ 文庫版21巻 感想 アントニオの霊」はるき悦巳先生(双葉文庫)

じゃりン子チエの文庫版が21巻まできまして、ここ数巻で今は亡きアントニオの生前のエピソードが様々語られ、更にこの巻ではとうとうアントニオの霊を口寄せする展開まで出てきてかんたんしました。 憑依合体まで繰り出すとは、じゃりン子チエってのは本当に…

小説「三好長慶の遺命 篠原長房士魂録 感想」三日木人さん(郁朋社)

世にも珍しい篠原長房さん主役の小説が発売されてかんたんしました。 「新三好長慶伝 龍は天道をゆく」の続編にあたる作品なのですが、小説としては前作よりも面白いと思います。 小説「新三好長慶伝 龍は天道をゆく 感想」三日木人さん(幻冬舎MC) - 肝胆…

信長の野望・蒼天録「寿三昧攻略:1507年細川政元」

久しぶりに蒼天録をやってみたらやっぱり面白くてかんたんしたので、寿三昧もクリアしてみました。 信長の野望・蒼天録「早解三昧攻略:1560年足利義輝」 - 肝胆ブログ 信長の野望・蒼天録「合戦三昧攻略:1495年足利成氏」 - 肝胆ブログ 信長の野望・蒼天録…

信長の野望・蒼天録「調略三昧攻略:1582年羽柴秀吉」

久しぶりに蒼天録をやってみたらやっぱり面白くてかんたんしたので、調略三昧もクリアしてみました。 信長の野望・蒼天録「早解三昧攻略:1560年足利義輝」 - 肝胆ブログ 信長の野望・蒼天録「合戦三昧攻略:1495年足利成氏」 - 肝胆ブログ 信長の野望・蒼天…

信長の野望・蒼天録「お宝三昧攻略:1534年大内義隆」

久しぶりに蒼天録をやってみたらやっぱり面白くてかんたんしたので、お宝三昧もクリアしてみました。 信長の野望・蒼天録「早解三昧攻略:1560年足利義輝」 - 肝胆ブログ 信長の野望・蒼天録「合戦三昧攻略:1495年足利成氏」 - 肝胆ブログ 信長の野望・蒼天…

「寛容論 感想 批判してよさそうな人を皆で傷つけていいか」ヴォルテールさん(中公文庫)

ヴォルテールさんの寛容論を読みまして、18世紀としてはそうとう先進的で啓蒙的な内容と文章のキレッキレっぷりにかんたんいたしました。 一方で、この本では当時のフランスで少数派だった新教徒を傷つけた旧教徒の方々の無自覚で多数派な攻撃性を思いっきり…

信長の野望・蒼天録「武将三昧攻略:1570年織田信長」

久しぶりに蒼天録をやってみたらやっぱり面白くてかんたんしたので、武将三昧もクリアしてみました。 信長の野望・蒼天録「早解三昧攻略:1560年足利義輝」 - 肝胆ブログ 信長の野望・蒼天録「合戦三昧攻略:1495年足利成氏」 - 肝胆ブログ 信長の野望・蒼天…

信長の野望・蒼天録「合戦三昧攻略:1495年足利成氏」

久しぶりに蒼天録をやってみたらやっぱり面白くてかんたんしたので、合戦三昧もクリアしてみました。 信長の野望・蒼天録「早解三昧攻略:1560年足利義輝」 - 肝胆ブログ 信長の野望・蒼天録「武将三昧攻略:1570年織田信長」 - 肝胆ブログ 信長の野望・蒼天…

大相撲2021秋場所感想「照ノ富士関にしみじみ、妙義龍関と宇良関にどきどき」

大相撲2021秋場所、新横綱の照ノ富士関がまさしくな横綱相撲で優勝を遂げるとともに、宇良関や妙義龍関の活躍、ケガから復帰した貴景勝関の意地、復調してきた大栄翔関の殊勲星、いよいよ存在感を増してきた霧馬山関や豊昇龍関モンゴル次世代、幕内のバリエ…