肝胆ブログ

かんたんにかんたんします。

漫画・アニメ

「じゃりン子チエ 文庫版29巻 感想 猫にマタタビン」はるき悦巳先生(双葉文庫)

じゃりン子チエの文庫版29巻、久しぶりに猫バトル巻でございましたが、素の実力ではもはや小鉄&ジュニアに勝てる猫もいそうにありませんので、ドーピング的な格闘漫画あるあるネタが繰り広げられていてかんたんしました。 本当にバトル漫画でもないのに間口…

サカモトデイズ 7巻 感想「楽の宇田さん追悼」鈴木祐斗先生(ジャンプ)

SAKAMOTO DAYS7巻、この漫画は相変わらず面白いなあと思いながら読んでいたら、巻末の楽さんによる宇田さん追想オマケ漫画に感情を揺さぶられてかんたんしました。 こういう、お亡くなりになってから掘り下げられる関係性に弱いので弱ります。 www.shueisha.…

「じゃりン子チエ 文庫版28巻 感想 マサルとタヌキとタカシ」はるき悦巳先生(双葉文庫)

じゃりン子チエの文庫版29巻、タヌキとマサルをめぐる物語が緻密な構成で見どころ多くかんたんしました。 こういうお話を読むと、マサルがじゃりン子チエの中でどれだけ替えのきかないキャラなのかを思い知ります。 www.futabasha.co.jp 28巻に収録されてい…

「じゃりン子チエ 文庫版27巻 感想 花井センセの作家論」はるき悦巳先生(双葉文庫)

じゃりン子チエ文庫版27巻。 テツが小遣い欲しさに反省日記を書き始めたところ、アドバイスを送る花井センセの中に、作家としての矜持とお金稼ぎとの間のせめぎあいを垣間見れてかんたんしました。 このおじさん、シレッと格好いいですよねいつも。 www.futa…

「じゃりン子チエ 文庫版26巻 感想 テツとヨシ江のプロポーズ」はるき悦巳先生(双葉文庫)

じゃりン子チエ26巻、ここまでの長期連載を経て、遂にテツとヨシ江はんの馴れ初めの一端が明らかになってかんたんしました。 若い時のヨシ江はんが、まさにチエちゃんと現ヨシ江はんのあいだくらいの容貌で私はいいと思う。 www.futabasha.co.jp このカバー…

「じゃりン子チエ 文庫版25巻 感想 物語の時代設定」はるき悦巳先生(双葉文庫)

じゃりン子チエの文庫版25巻。 じゃりン子チエの物語は、なんとなく1970年代くらいで時代設定が固定されているものだと思っていたのですが、実は固定されているのはチエちゃん周辺の暮らしぶりだけで着実に時代は進んでいることが伺えてかんたんしました。 w…

「じゃりン子チエ 文庫版24巻 感想 サッちゃんとの別れ」はるき悦巳先生(双葉文庫)

じゃりン子チエ文庫版24巻、前巻で仲良くなった米谷サッちゃんとの別れが訪れ、チエちゃん、ヒラメちゃん、サッちゃんそれぞれの様子にかんたんして泣いてしまいました。 子どもたちの出会いと別れ、いいものですね。 www.futabasha.co.jp 24巻に収録されて…

「じゃりン子チエ 文庫版23巻 感想 チエちゃん VS 米谷さん」はるき悦巳先生(双葉文庫)

じゃりン子チエの文庫版23巻、新キャラの小学生「米谷さん」がまことに傑物でございまして、彼女の存在がチエちゃんやアントニオジュニアやマサルのポテンシャルを更に引き出していてかんたんしました。 出木杉さん的な存在がレギュラーキャラの魅力を引き上…

漫画「大相撲令嬢~前世に相撲部だった私が捨て猫王子と はぁどすこいどすこい~ 感想 娯楽フォーマットの新時代を感じる」原作:川獺右端・村上ゆいち/漫画:影崎由那(EARTH STAR)

漫画「大相撲令嬢」が漫画の面白さと相撲の面白さを両立している快作で、もしかしたら今後相撲が娯楽フォーマットとして人気を博すこともできるんじゃないかと幻覚を見ることができてかんたんしました。 www.comic-earthstar.jp かんたんなあらすじとしては…

「東京深川三代目 感想」秋本治先生(集英社ジャンプリミックス)

コンビニで売っているジャンプリミックスシリーズで、秋本治先生の「東京深川三代目」が復刊されていてかんたんしました。 秋本治作品の中でも屈指の完成度を誇る超貴重作ですので、見かけたら即確保をおすすめしたいところであります。 集英社ジャンプリミ…

「じゃりン子チエ 文庫版22巻 感想 アントニオ再び、からのおバァはん無双」はるき悦巳先生(双葉文庫)

じゃりン子チエ文庫版22巻。 アントニオの亡霊が再び復活したり悪徳業者とテツが戦うのかと思ったらおバァはんが無双したりテツはテツでヨシ江はんの言うことを素直に聞いてしまったり猫たちは今日も人間並みの行動をしていたりと、相変わらず見どころの多い…

「じゃりン子チエ 文庫版21巻 感想 アントニオの霊」はるき悦巳先生(双葉文庫)

じゃりン子チエの文庫版が21巻まできまして、ここ数巻で今は亡きアントニオの生前のエピソードが様々語られ、更にこの巻ではとうとうアントニオの霊を口寄せする展開まで出てきてかんたんしました。 憑依合体まで繰り出すとは、じゃりン子チエってのは本当に…

「じゃりン子チエ 文庫版20巻 感想 ジェミニの悪太郎1/2」はるき悦巳先生(双葉文庫)

じゃりン子チエ文庫版20巻、例によって猫たちのバトル漫画が描かれるのですが、70年代の作品なのに80年代の「聖闘士星矢」「らんま1/2」の要素を先取りしているようなギミックが練られていてかんたんしました。 いや、本当に驚いた。 2022/2/2追記 と驚いて…

漫画「奈良へ 感想 奈良っぽい」大山海先生(リイド社トーチweb)

トーチwebで連載していたシュールな奈良漫画「奈良へ」の単行本が発売されていて、まとめ読みしたら実に奈良っぽい雰囲気が表現されている感じがしてかんたんしました。 to-ti.in 「奈良へ」は、現代社会が生きにくい人と、異世界ファンタジーの世界で生きに…

「じゃりン子チエ 文庫版19巻 感想 空飛ぶアントニオジュニア」はるき悦巳先生(双葉文庫)

じゃりン子チエ文庫版19巻、とうとうアントニオジュニアと敵猫が空を飛んで戦い始めてかんたんしました。 大阪の猫は空中戦まで体得しているんですね。 www.futabasha.co.jp 19巻収録のお話は次の通りです。 真夏のサイレン サイレンがテツを呼ぶ 真夏の夜の…

実録「漫画太郎版おおきなかぶ~ vs 小学生 読み聞かせ」ガタロー☆マン先生(誠文堂新光社)

漫画太郎先生の絵本第二弾「おおきなかぶ~」を小学生に読んであげたところ、前作の「ももたろう」に続いてゲラゲラゲラゲラ笑ってもらえてかんたんしました。 絵本のジャケを見せただけで「あっ、この絵は!!!!」と喜んでもらえたので画太郎イラストのイ…

「じゃりン子チエ 文庫版18巻 感想 おバァはんの謀略がエグい」

じゃりン子チエの文庫版18巻、テツを弱らせるためにおバァはんが仕掛けた謀略がエグ過ぎる上、結果巻き起こった騒動まで一人で解決してしまう無双っぷりにかんたんしました。 www.futabasha.co.jp 18巻収録のお話は次の通りです。 寝小便作戦 金メダルなんて…

「めしばな刑事タチバナ 42巻 感想 チャレンジスピリットを感じる」原作:板戸佐兵衛さん / 作画:旅井とりさん(アサヒ芸能)

めしばな刑事タチバナがめでたく500回を突破してかんたんしました。 グルメ漫画ブームの盛衰に流されることなく卓越した構成力とサービス精神とで長寿安定連載になっていることを言祝ぎたい気持ちでいっぱいです。 www.tokuma.jp 以下、内容の一部ネタバレを…

漫画「完全版ウルトラマンメビウス外伝+平成ウルトラマン作品集 感想」内山まもる先生

漫画「ザ・ウルトラマン」で名高い内山まもる先生の平成以降の作品を収めた単行本が発売されていてかんたんしました。 メロスの続編、写実性が非常に高まっている怪獣たち、内山まもる版TDG、グレた息子感の強かったデビュー直後のゼロの造形等々、見どころ…

「じゃりン子チエ 文庫版17巻 感想 猛威を振るう危険酒"ばくだん"」はるき悦巳先生(双葉文庫)

じゃりン子チエ文庫版17巻。 これまでにも時々登場していた怪しいお酒「ばくだん」がますます話をかき混ぜるようになってきてかんたんしました。 いまよりは多少おおらかな昭和時代とはいえ、「ばくだん」を小学生が売っている姿を堂々と掲載していいのだろ…

「じゃりン子チエ 文庫版16巻 感想 ヒラメちゃん最高やなとなる鉄下駄編」はるき悦巳先生(双葉文庫)

じゃりン子チエ文庫版16巻に収録されている長編「赤子編」「鉄下駄編」がともに完成度が高く、とりわけヒラメちゃんの子どもらしい活躍がまぶしい鉄下駄編は映画化できるんちゃうかというくらいにかんたんしました。 www.futabasha.co.jp 16巻収録のお話は次…

「じゃりン子チエ 文庫版15巻 感想 お好み焼き屋のオッちゃん(百合根)の火力マシマシ」はるき悦巳先生(双葉文庫)

じゃりン子チエの文庫版15巻、ギャグのキレが高い巻でかんたんしました。 脂がのっている時期というやつですかね。 www.futabasha.co.jp 15巻に載っているお話は次のとおりです。 テツに客は来ない 商売繁盛ゲン直し テツの白星ホルモン さぁ勝ち越しだ エイ…

漫画「食の軍師とは 概要と力石」泉昌之先生(週刊漫画ゴラク)

漫画「食の軍師」、いつまでたってもゴラクに掲載されないし単行本も出ないもんだと思っていたら8巻で連載終了していたことに今さら気づき、あらためて全巻読み返してみたら力石さんあっての食の軍師やなということをひしひしと再認識できてかんたんしました…

漫画「君に届け 感想 友達のちづとやのちんがすごくいいよね」

今さらながら「君に届け」の原作漫画を全巻読みまして、全編通した丁寧な心理描写にかんたんするとともに、ちづとやのちんみたいな女友達ちょういいよねという気持ちがみなぎりました。 betsuma.shueisha.co.jp 絵の線が感じいいなあ、完結したら全部読もう…

「じゃりン子チエ 文庫版14巻 感想 掛け合いが楽しい巻」はるき悦巳先生(双葉文庫)

じゃりン子チエ文庫版14巻、周センセやジャリ屋の玉ちゃんが登場してますます賑やかになるとともに、各キャラのイキイキとした掛け合いが面白い、満足度の高い巻になっていてかんたんしました。 www.futabasha.co.jp 14巻に収録されているお話は次のとおりで…

「じゃりン子チエ 文庫版13巻 感想 小鉄の巻き込まれ属性が板につく」はるき悦巳先生(双葉文庫)

じゃりン子チエの文庫版13巻。 大きな動きはない巻ですが、小鉄さんの扱いが徐々に悪化しているのがいじらしくてかわいいのにかんたんしますね。 www.futabasha.co.jp 収録されているお話は次のとおりです。 かなしい気分でイーライラ 友達の友達はどこまで…

実録「漫画太郎版ももたろう vs 小学生 読み聞かせ」ガタロー☆マン先生(誠文堂新光社)

漫画太郎先生の絵本「ももたろう」を子どもたちに読み聞かせてあげたところ、ゲラゲラ笑ってもらえてかんたんしました。 画太郎先生ありがとう、いつもおもしろい作品を描いてくれて……。 www.seibundo-shinkosha.net 漫画太郎版ももたろう。 ストーリーはネ…

「ぼくの輪廻 最終回までを通した名セリフ集」嶋木あこ先生(フラワーコミックス)

「ぼくの輪廻」の最終巻がいつの間にか発売されていまして、最後まで巨乳(とBL)への執念を貫き通していてかんたんしました。 cheese.shogakukan.co.jp 「ぼくの輪廻」は、きれいな絵柄で童貞と巨乳とBLとの三角関係をやりつつ輪廻転生を楽しんでいくような…

「海帝 7巻 感想 仏教とのフュージョンが素晴らしい」星野之宣先生(ビッグコミックス)

鄭和さんの活躍を漫画化した「海帝」7巻、舞台となる大海原・大自然と、船団への来訪客「ゲンドゥン(ダライラマ1世)」さんとのフュージョンっぷりが素晴らしくてかんたんしました。 仏教思想的なものを表現した漫画としては、近年随一ではないでしょうか。…

「ギャラリーフェイク 35巻 感想」細野不二彦先生(ビッグコミックス)

久しぶりに刊行されたギャラリーフェイクの新刊が、時事ネタを充分に活かしつつ物語としてもアートリスペクトとしても面白くてかんたんしましたぜ。 www.shogakukan.co.jp 以下、ネタバレを一部含みますのでご留意ください。 収められているお話は次のとおり…