肝胆ブログ

かんたんにかんたんします。

「みとわ」菓匠三全(萩の月の会社)

 

「みとわ」という切ない食感のお菓子がたいそうおいしくてかんたんしました。

 

www.sanzen.co.jp

 

↓画像はオフィシャルHPより引用

f:id:trillion-3934p:20180404232342j:plain

 

 

ラングドシャクッキーで和菓子「淡雪」を挟んだお菓子になります。

 

「淡雪」とは、泡立てた卵白を寒天で固めたものだそうです。一見カチコチしているんですけど、口の中に入れるとしゅわわっと儚く溶けて消えるんですよ。

淡雪とはよく名付けたもので、「ボクは消えちゃうけどずっと君のそばにいるよ」的なとても切ない食感が魅力です。

 

それがみんな大好きラングドシャクッキーで挟まっている訳であります。

お馴染みの甘ささっくり安心感からのしゅわわわえっいまのなんやったんですからね。

 

言うなればラングドシャクッキーは「日常」の象徴で淡雪は「突然の喪失」を象徴してるんだ的アンビバレント感を味わえる哲学的事象地平の彼方みたいなお菓子です。

 

一言に直すと「超うまい」。

 

 

 

箱に入っていた紹介文によれば、「みとわ」とは和菓子の源流である「木の実」からの「実と和」であり、あるいは「美味しさを永遠に――」からの「美永遠」なんだとか。

 

素敵な言葉遣いですね。

 

 

また、この「みとわ」は「萩の月」で有名な菓匠三全さんの新ブランドだそうで。

仙台のエスパルか東京上野の松坂屋でしか手に入らないみたいなので、けっこうレアな手土産にもなりますね。

食感のインパクトがイイ感じなので初対面の方にも親しい方にもよさげです。

「雪解け」ということでお詫び相手に持参してみたり(笑)。

 

 

 

和菓子と洋菓子ががっちゃんこすると時々すごいものが生まれますね。

 

これからもこんな斬新な美味しさが生まれ続けますように。

みとわの取り扱い店舗が増えますように。